www-commits
[Top][All Lists]
Advanced

[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

www gnu/byte-interview.ja.html gnu/gnu-history....


From: GNUN
Subject: www gnu/byte-interview.ja.html gnu/gnu-history....
Date: Tue, 30 Nov 2021 21:59:08 -0500 (EST)

CVSROOT:        /web/www
Module name:    www
Changes by:     GNUN <gnun>     21/11/30 21:59:07

Modified files:
        gnu            : byte-interview.ja.html gnu-history.ja.html 
                         gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html 
                         initial-announcement.ja.html 
                         linux-and-gnu.ja.html manifesto.ja.html 
                         pronunciation.ja.html 
        gnu/po         : byte-interview.ja-en.html 
                         gnu-history.ja-en.html gnu-history.ja.po 
                         gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html 
                         initial-announcement.ja-en.html 
                         initial-announcement.ja.po 
                         linux-and-gnu.ja-en.html linux-and-gnu.ja.po 
                         manifesto.ja-en.html manifesto.ja.po 
                         pronunciation.ja-en.html pronunciation.ja.po 
                         rms-lisp.ja.po 
        server         : body-include-1.ja.html 
        server/po      : body-include-1.ja.po 

Log message:
        Automatic update by GNUnited Nations.

CVSWeb URLs:
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/byte-interview.ja.html?cvsroot=www&r1=1.12&r2=1.13
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/gnu-history.ja.html?cvsroot=www&r1=1.34&r2=1.35
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html?cvsroot=www&r1=1.34&r2=1.35
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/initial-announcement.ja.html?cvsroot=www&r1=1.10&r2=1.11
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/linux-and-gnu.ja.html?cvsroot=www&r1=1.52&r2=1.53
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/manifesto.ja.html?cvsroot=www&r1=1.15&r2=1.16
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/pronunciation.ja.html?cvsroot=www&r1=1.5&r2=1.6
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/byte-interview.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.4&r2=1.5
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/gnu-history.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.21&r2=1.22
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/gnu-history.ja.po?cvsroot=www&r1=1.23&r2=1.24
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.24&r2=1.25
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/initial-announcement.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.3&r2=1.4
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/initial-announcement.ja.po?cvsroot=www&r1=1.12&r2=1.13
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/linux-and-gnu.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.39&r2=1.40
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/linux-and-gnu.ja.po?cvsroot=www&r1=1.67&r2=1.68
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/manifesto.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.5&r2=1.6
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/manifesto.ja.po?cvsroot=www&r1=1.31&r2=1.32
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/pronunciation.ja-en.html?cvsroot=www&r1=1.2&r2=1.3
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/pronunciation.ja.po?cvsroot=www&r1=1.6&r2=1.7
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/gnu/po/rms-lisp.ja.po?cvsroot=www&r1=1.25&r2=1.26
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/server/body-include-1.ja.html?cvsroot=www&r1=1.49&r2=1.50
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/server/po/body-include-1.ja.po?cvsroot=www&r1=1.49&r2=1.50

Patches:
Index: gnu/byte-interview.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/byte-interview.ja.html,v
retrieving revision 1.12
retrieving revision 1.13
diff -u -b -r1.12 -r1.13
--- gnu/byte-interview.ja.html  1 Jul 2021 02:03:47 -0000       1.12
+++ gnu/byte-interview.ja.html  1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.13
@@ -1,21 +1,31 @@
 <!--#set var="ENGLISH_PAGE" value="/gnu/byte-interview.en.html" -->
 
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>BYTEインタビュー、リチャード・ストールマンと - 
GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/byte-interview.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>BYTEインタビュー、リチャード・ストールマンと</h2>
 
-<p>デビッド・ベッツとジョン・エドワーズの案内による</p>
+<address 
class="byline">デビッド・ベッツとジョン・エドワーズの案内
による</address>
 
-<h3>リチャード・ストールマンがBYTEの編集者
とかれのパブリック・ドメインのUnix互換ソフトウェア・システãƒ
 ã«ã¤ã„て議論したものです (1986å¹´7月) </h3>
+<div class="introduction">
+<p>リチャード・ストールマンがBYTEの編集者
とかれのパブリック・ドメインのUnix互換ソフトウェア・システãƒ
 ã«ã¤ã„て議論したものです (1986å¹´7月)。</p>
+</div>
+<hr class="no-display" />
 
 
<p>リチャード・ストールマンは、おそらく、現在までにもっとも大望のある自由ソフトウェア開発プロジェクト、GNUシステãƒ
 
を企てています。1985å¹´3月号のドクター・ドッブズ・ジャーナルに発表された、かれのGNU宣言において、ストールマンはGNUを「わたしが誰にでも&ldquo;フリー&rdquo;に渡し、誰もが使えるように、わたしが書いている完å
…¨ã«Unix互換のソフトウェア・システム
です&hellip;一旦、GNUが書かれたら、すべての人が良いシステãƒ
 
ソフトウェアを、ちょうど空気のように自由に得ることが出来るのです。」と述べています。(GNUはGNUはUnixではない(GNU's
-Not Unix)の頭字語で、&ldquo;G&rdquo;は発音されます。)</p>
+Not Unix)の頭字語で、<i>g</i>は発音されます。)</p>
 
 <p>ストールマンはEMACSの作者
として広く知られています。EMACSは、<abbr title="Massachusetts 
Institute of
 Technology">MIT</abbr>人工知能ç 
”究所でかれが開発した強力なテキスト・エディタです。GNUプロジェクトの一部として製作された最初のソフトウェアが、新しいEMACSの実è£
…であったのは偶然ではありません。GNU
@@ -203,9 +213,12 @@
 <p><strong>ストールマン</strong>: Free Software Foundation, 675 
Massachusetts Ave.,
 Cambridge, MA 02139宛に手紙を書いてください。</p>
 
-<p>[現住所は(2005から): Free Software Foundation 51 Franklin St, Fifth 
Floor Boston,
-MA 02110-1301, USA Voice: +1-617-542-5942 Fax: +1-617-542-2652]
-</p>
+<address>[現在(2005年から)の住所はこちら: <br />
+     Free Software Foundation, 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA
+02110-1301, USA.<br />
+     Voice: +1-617-542-5942<br />
+     Fax: +1-617-542-2652]
+</address>
 
 <p><strong>BYTE</strong>: GNUシステム
が完了したとき、なにをしますか?</p>
 
@@ -216,6 +229,7 @@
 
 <p><strong>ストールマン</strong>:
 
そう願っています。しかし、たぶん、わたしは生活するためã
 
けに少しの時間働き、安楽な暮らしを生きると思います。高価な暮らしをするå¿
…要はありません。残りの時間は、興味深い人々
を見つけてぶらついたり、どうやったらよいか知らないことを学んã
 ã‚Šã™ã‚‹ã§ã—ょう。</p>
+</div>
 
 <div class="translators-notes">
 
@@ -225,7 +239,7 @@
 
 <!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
@@ -244,12 +258,12 @@
 
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 
正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
-href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と貢献については、<a
 href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。</p>
 </div>
 
@@ -269,8 +283,7 @@
      
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
-<p>Copyright &copy; 1999, 2000, 2001, 2002, 2007, 2013, 2014, 2020 Free
-Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1999, 2021 Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>このページは<a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/deed.ja";>Creative
@@ -285,11 +298,12 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2021/07/01 02:03:47 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
 </div>
+<!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/gnu-history.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/gnu-history.ja.html,v
retrieving revision 1.34
retrieving revision 1.35
diff -u -b -r1.34 -r1.35
--- gnu/gnu-history.ja.html     1 Jul 2021 02:03:47 -0000       1.34
+++ gnu/gnu-history.ja.html     1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.35
@@ -1,7 +1,10 @@
 <!--#set var="ENGLISH_PAGE" value="/gnu/gnu-history.en.html" -->
 
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.84 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>GNU プロジェクトの概要 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
@@ -9,13 +12,18 @@
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/gnu-history.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>GNU プロジェクトの概要</h2>
+<div class="thin"></div>
 
 <p>
 GNUオペレーテイング・システムはUnixと上位互換の完å…
¨ãªè‡ªç”±ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ ã§ã™ã€‚GNUは&ldquo;GNU's Not
-Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)を表しています。<a 
href="/gnu/pronunciation.html">硬い g
-の一音節</a>で発音されます。<a
-href="http://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>は、GNUプロジェクトの<a
+Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)を表しています。<a
+href="/gnu/pronunciation.html">硬い<i>g</i>の一音節</a>で発音されます。<a
+href="https://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>は、GNUプロジェクトの<a
 
href="/gnu/initial-announcement.html">最初の声明</a>を1983年9月に行いました。長いバージョンは<a
 
href="/gnu/manifesto.html">GNU宣言</a>と呼ばれ1985年3月に発行されました。これはいくつかの<a
 
href="/gnu/manifesto.html#translations">ほかの言語</a>に翻訳されました。</p>
@@ -23,7 +31,7 @@
 <p>
 &ldquo;GNU&rdquo;という名前は、いくつかの必
要に適合するために選ばれました。第一に、それが&ldquo;GNU's
 Not
 Unix&rdquo;の再帰é 
­å­—語であること。第二に、それが現実の言葉であること。第三に、それを言う(または<a
-href="http://www.poppyfields.net/poppy/songs/gnu.html";>うたう</a>)のがおもしろいこと、です。</p>
+href="http://www.poppyfields.net/poppy/songs/gnu.html";>うたう</a>)のが楽しいこと、です。</p>
 
 <p>
 &ldquo;free software&rdquo;(自由ソフトウェア)の&ldquo;free&rdquo;は<a
@@ -48,27 +56,27 @@
 
 <p>
 Unixライクなオペレーティングシステム
にはカーネル、コンパイラ、エディタ、テキストフォーマッタ、メールソフトウェア、グラフィカル・インタフェース、ライブラリゲーãƒ
 
などそのほか多くのものをも含みます。ですから、オペレーティングシステãƒ
 
一式を書くことは大変な大仕事になります。わたしたちは1984年1月に開始しました。<a
-href="http://fsf.org/";>フリーソフトウェアファウンデーション</a>は1985年10月に設立されましたが、当初はGNUの開発に資金集めをする手伝いをするためでした。</p>
+href="https://fsf.org/";>フリーソフトウェアファウンデーション</a>は1985年10月に設立されましたが、当初はGNUの開発に資金集めをする手伝いをするためでした。</p>
 
 <p>1990年までに、わたしたちはオペレーティングシステム
を構成するすべての主要な部分を、ひとつを除いて、見つけるか書き上げていました。カーネルã
 
けができていませんでした。それから、UnixライクなカーネルLinuxが1991年にリーナス・トーバルズによって開発され、1992年に自由ソフトウェアにされました。Linuxをほぼ完å
…¨ãªGNUシステムと組み合わせることで、完å…
¨ãªã‚ªãƒšãƒ¬ãƒ¼ãƒ†ã‚£ãƒ³ã‚°ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ 
が生まれました。これがGNU/Linuxシステム
です。今や何千万の人々が、典型的には<a
 
href="/distros/distros.html">GNU/Linuxディストリビューション</a>を通じて、GNU/Linuxシステãƒ
 
を使っている、と見積られています。主要なLinuxのバージョンは不自由なファーãƒ
 
ウェア「ブロブ」を含んでいるので、自由ソフトウェアの活動家は、現在、変更された自由なバージョンのLinuxである<a
-href="http://directory.fsf.org/project/linux";>Linux-libre</a>を保守しています。</p>
+href="https://directory.fsf.org/wiki/Linux-libre";>Linux-libre</a>を保守しています。</p>
 
 <p>
 
しかしながら、GNUプロジェクトの対象はオペレーティングシステãƒ
 
の中心に限定されるものではありません。わたしたちはあらゆる分野の多くのユーザが望むソフトウェアを提供することを目的としています。これにはアプリケーションソフトウェアが含まれます。自由ソフトウェアのアプリケーションプログラãƒ
 ã®ã‚«ã‚¿ãƒ­ã‚°ã¯ã€<a
-href="/directory">自由ソフトウェア・ディレクトリ</a>をご覧くã
 ã•ã„。</p>
+href="https://directory.fsf.org/wiki/Main_Page";>自由ソフトウェア・ディレクトリ</a>をご覧くã
 ã•ã„。</p>
 
 <p>
 
また、わたしたちはコンピュータの専門家ではないユーザを対象としたソフトウェアも提供したいと考えています。そこで、わたしたちは<a
-href="http://www.gnome.org/";>(GNOMEと呼ばれる)グラフィカル・デスクトップ</a>を開発し、初心è€
…がGNUシステムを使えるよう助けました。</p>
+href="https://www.gnome.org/";>(GNOMEと呼ばれる)グラフィカル・デスクトップ</a>を開発し、初心è€
…がGNUシステムを使えるよう助けました。</p>
 
 <p>わたしたちはゲーム
やその他のレクレーションも提供したいと思っています。たくさんの<a
-href="http://directory.fsf.org/wiki/Category/Game";>自由なゲーム
</a>がすでに利用可能です。</p>
+href="https://directory.fsf.org/wiki/Category/Game";>自由なゲーム
</a>がすでに利用可能です。</p>
 
 <p>
 
自由ソフトウェアはどこまで行けるのでしょうか。限界はありません。<a
 
href="/philosophy/fighting-software-patents.html">特許制度のような法律が自由ソフトウェアを禁止</a>しない限り、ですが。わたしたちの究極の目標はコンピュータユーザがやりたいと思う仕事すべてをこなせるã
 
けの自由ソフトウェアを提供し、そしてプロプライエタリなソフトウェアを過去のものとすることです。</p>
-
+</div>
 
 <div class="translators-notes">
 
@@ -78,7 +86,7 @@
 
 <!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
@@ -97,12 +105,12 @@
 
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 
正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
-href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と貢献については、<a
 href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。</p>
 </div>
 
@@ -122,8 +130,8 @@
      
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
-<p>Copyright &copy; 1996, 1997, 1998, 1999, 2001, 2002, 2003, 2005, 2007, 2009,
-2012, 2014, 2017 Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1996, 1997, 2003, 2005, 2008, 2012, 2017, 2021 Free
+Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>このページは<a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/deed.ja";>Creative
@@ -138,11 +146,12 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2021/07/01 02:03:47 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
 </div>
+<!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html,v
retrieving revision 1.34
retrieving revision 1.35
diff -u -b -r1.34 -r1.35
--- gnu/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html    31 Aug 2021 03:05:59 -0000      
1.34
+++ gnu/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja.html    1 Dec 2021 02:59:07 -0000       
1.35
@@ -3,12 +3,17 @@
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
 <!-- Parent-Version: 1.96 -->
 <!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnulinux" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>GNUについてまったく聞いたことのないGNUユーザ - 
GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
 <div class="article reduced-width">
 <h2>GNUについてまったく聞いたことのないGNUユーザ</h2>
 
@@ -33,7 +38,6 @@
 
href="/gnu/why-gnu-linux.html">なぜGNU/Linux?</a>のページ、そして、<a
 href="/gnu/linux-and-gnu.html">LinuxとGNUシステム
</a>のページをご覧ください。
 </p>
-<hr class="no-display" />
 </div>
 </div>
 
@@ -104,7 +108,7 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2021/08/31 03:05:59 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>

Index: gnu/initial-announcement.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/initial-announcement.ja.html,v
retrieving revision 1.10
retrieving revision 1.11
diff -u -b -r1.10 -r1.11
--- gnu/initial-announcement.ja.html    3 Feb 2016 09:12:51 -0000       1.10
+++ gnu/initial-announcement.ja.html    1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.11
@@ -1,26 +1,42 @@
 <!--#set var="ENGLISH_PAGE" value="/gnu/initial-announcement.en.html" -->
 
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>最初の声明 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+pre.emph-box { font-size: .94em; background: none; margin-bottom: 2.5em; }
+-->
+</style>
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/initial-announcement.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>最初の声明</h2>
+<div class="thin"></div>
 
+<div class="introduction">
 <p> これは、GNUプロジェクトのオリジナルの声明です。<a
-href="http://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>によって1983年9月27日に投稿されました。</p>
+href="https://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>によって1983年9月27日に投稿されました。</p>
 
 <p> 
実際のGNUプロジェクトの歴史は、さまざまな面で、この最初の計画とは異なります。たとえば、開始は1984å¹´1月までé
…れました。<a
 
href="/philosophy/free-sw.html">自由ソフトウェア</a>のいくつかの理念の考えは、数年後まで明確化されませんでした。</p>
+</div>
+<hr class="no-display" />
 
 <h3>Unixを自由に!</h3>
 
 <p>今年の感謝祭から、わたしは完å…
¨ã«Unix互換のソフトウェアシステム、GNU(Gnu's Not Unix,
-「グヌーはUnixではない」の略)を書き始め、それを使えるå…
¨å“¡ã«ãƒ•ãƒªãƒ¼ã§<a
-href="#f1">(1)</a>渡そうと考えています。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て装置の貢献がとても必要です。</p>
+「グヌーはUnixではない」の略)を書き始め、それを使えるå…
¨å“¡ã«ãƒ•ãƒªãƒ¼ã§&#8239;<a class="ftn"
+href="#f1">[1]</a>渡そうと考えています。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て装置の貢献がとても必要です。</p>
 
 <p>まず始めに、GNUはカーネルとCのプログラム
を書いて実行するのに必
要なすべてのユーティリティ(エディタ、シェル、Cコンパイラ、リンカ、アセンブラ、そしてそのほかのいくつか)からなるでしょう。その後、わたしたちは、テキストフォーマッタ、YACC,
 Empireゲーム
、スプレッドシート、そしてほかの何百にもなるものを追åŠ
 
するでしょう。わたしたちは、最終的には、通常Unixシステãƒ
 
に付属するすべての有用なものと、オンラインとハードコピーの文書を含め、有用なものはなんでも、提供したいと考えています。</p>
@@ -54,30 +70,27 @@
 
 <p>詳細の情報については、連絡してください。</p>
 
-<p>Arpanetメール:<br />
-  RMS@MIT-MC.ARPA</p>
+<address>Arpanetメール:<br />
+  RMS@MIT-MC.ARPA</address>
 
-<p>Usenet:<br />
+<address>Usenet:<br />
   ...!mit-eddie!RMS@OZ<br />
-  ...!mit-vax!RMS@OZ</p>
+  ...!mit-vax!RMS@OZ</address>
 
-<p>合衆国の郵便:<br />
+<address>合衆国の郵便:<br />
   リチャード・ストールマン<br />
   プロスペクト街<br />
-  ケンブリッジ、マサチューセッツ州 02139</p>
-
-
-<h4 id="f1">「フリー」に関する言葉遣いの下手な選択</h4>
-
-<p>ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。この意図は、誰しもが、GNUシステãƒ
 ã‚’使う<b>許可</b>のために支払う必
要がない、ということでした。しかし、この言葉はこれに関して明確ではなく、人ã€
…は多くのå 
´åˆã“れを、GNUのコピーは、常に、ほとんど料金を取らないか無償でé
…
å¸ƒã™ã‚‹ã¹ãã¨è¨€ã£ã¦ã„る、と解釈しました。これは決してその意図ではありませんでした。</p>
+  ケンブリッジ、マサチューセッツ州 02139</address>
+<hr class="column-limit" />
 
+<div class="infobox extra" role="complementary">
 <h3>オリジナルのメッセージ</h3>
 
 <p>完å…
¨ã‚’期すため、オリジナルの電子メールをオリジナルの形で、ここに再掲します。</p>
 
-<div dir="ltr">
-<pre><!--TRANSLATORS: Don't translate anything except the headers.-->
-
+<pre class="emph-box" dir="ltr">
+<!--TRANSLATORS: Don't translate anything except the headers.
+-->
 From 
CSvax:pur-ee:inuxc!ixn5c!ihnp4!houxm!mhuxi!eagle!mit-vax!mit-eddie!RMS@MIT-OZ
 From: RMS%MIT-OZ@mit-eddie
 Newsgroups: net.unix-wizards,net.usoft
@@ -89,7 +102,7 @@
 
 Starting this Thanksgiving I am going to write a complete
 Unix-compatible software system called GNU (for Gnu's Not Unix), and
-give it away free<a href="#f1">(1)</a> to everyone who can use it.
+give it away free&#8239;<a href="#f1">[1]</a> to everyone who can use it.
 Contributions of time, money, programs and equipment are greatly
 needed.
 
@@ -179,6 +192,13 @@
 </pre>
 </div>
 
+<h3 id="f1" class="footnote">脚注</h3>
+<ol>
+<li><em>ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。</em>この意図は、誰しもが、GNUシステãƒ
 ã‚’使う<b>許可</b>のために支払う必
要がない、ということでした。しかし、この言葉はこれに関して明確ではなく、人ã€
…は多くのå 
´åˆã“れを、GNUのコピーは、常に、ほとんど料金を取らないか無償でé
…
å¸ƒã™ã‚‹ã¹ãã¨è¨€ã£ã¦ã„る、と解釈しました。これは決してその意図ではありませんでした。</li>
+</ol>
+
+</div>
+
 <div class="translators-notes">
 
 <!--TRANSLATORS: Use space (SPC) as msgstr if you don't have notes.-->
@@ -187,7 +207,7 @@
 
 <!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
@@ -206,18 +226,18 @@
 
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 
正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
-href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と貢献については、<a
 href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。</p>
 </div>
 
 <!-- Regarding copyright, in general, standalone pages (as opposed to
      files generated as part of manuals) on the GNU web server should
-     be under CC BY-ND 3.0 US.  Please do NOT change or remove this
+     be under CC BY-ND 4.0.  Please do NOT change or remove this
      without talking with the webmasters or licensing team first.
      Please make sure the copyright date is consistent with the
      document.  For web pages, it is ok to list just the latest year the
@@ -231,12 +251,11 @@
      
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
-<p>Copyright &copy; 1983, 1999, 2007, 2008, 2009, 2013, 2014 Free Software
-Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1983, 1999, 2007, 2009, 2021 Free Software Foundation, 
Inc.</p>
 
 <p>このページは<a rel="license"
-href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/deed.ja";>Creative
-Commons Attribution-NoDerivs 3.0 United States 
License</a>の条件で許諾されます。</p>
+href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/deed.ja";>Creative
+Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International 
License</a>の条件で許諾されます。</p>
 
 <!--#include virtual="/server/bottom-notes.ja.html" -->
 <div class="translators-credits">
@@ -247,11 +266,12 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2016/02/03 09:12:51 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
 </div>
+<!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/linux-and-gnu.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/linux-and-gnu.ja.html,v
retrieving revision 1.52
retrieving revision 1.53
diff -u -b -r1.52 -r1.53
--- gnu/linux-and-gnu.ja.html   1 Nov 2021 02:29:16 -0000       1.52
+++ gnu/linux-and-gnu.ja.html   1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.53
@@ -3,15 +3,24 @@
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
 <!-- Parent-Version: 1.96 -->
 <!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnulinux" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>LinuxとGNU - GNU プロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+-->
+</style>
 <meta http-equiv="Keywords" content="GNU, FSF, 
フリーソフトウェアファウンデーション, Linux, Emacs, GCC, 
Unix, 自由ソフトウェア,
 オペレーティング・システム, GNUカーネル, HURD, GNU HURD, 
Hurd" />
 <meta http-equiv="Description" 
content="1983年から、Unixスタイルの自由なオペレーティングシステãƒ
 GNUを開発し、コンピュータの利用者
が自らが使うソフトウェアをå…
±æœ‰ã—改良する自由を有するよう、活動しています。" />
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/linux-and-gnu.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
 <div class="article reduced-width">
 <h2>LinuxとGNUシステム</h2>
 
@@ -62,8 +71,8 @@
 
 <p>
 多くの人々がシステム
の自由ソフトウェアに多大な貢献をしてきましたし、それらはみな称賛に値します。しかしそれが単なる有用なプログラãƒ
 ã®å¯„せ集めではなく、<em>統合されたシステム
</em>であるのは、GNUプロジェクトがそれをシステム
としてまとめ上げる目標を立てたからです。わたしたちは自由で<em>完å
…¨ãª</em>システムを構成するのに必要なプログラム
のリストを作り、そのリストに載っているものすべてを組織的に探し、書き、あるいは書いてくれる人を探しました。わたしたちは、アセンブラやリンカといった、重要ã
 ãŒã‚まりエキサイティングではない<a
-href="#unexciting">(1)</a>コンポーネントを書きました。それら無しではシステãƒ
 ã¯ã‚りえないからです。システム
・コンポーネントのいくつか、プログラミング・ツールは、プログラマの間でそれ自身、人気が出ました。しかし、ツールではない<a
-href="#nottools">(2)</a>たくさんのコンポーネントもわたしたちは書きました。チェスのゲーãƒ
 ã€GNU
+href="#unexciting">(1)</a>コンポーネントを書きました。それら無しではシステãƒ
 ã¯ã‚りえないからです。システム
・コンポーネントのいくつか、プログラミング・ツールは、プログラマの間でそれ自身、人気が出ました。しかし、ツールではない&#8239;<a
+class="ftn" 
href="#nottools">[2]</a>たくさんのコンポーネントもわたしたちは書きました。チェスのゲーãƒ
 ã€GNU
 Chessも開発しました。完全なシステムにはゲームも必
要ですから。</p>
 
 <p>
@@ -79,8 +88,9 @@
 Linuxも含んだGNUシステム
のバージョンです。別の言葉で言えば、GNU/Linuxシステム
です。</p>
 
 <p>
-それらを一緒に動くようにするということは、とるにたらない仕事ではありませんでした。いくつかのGNUのコンポーネント<a
-href="#somecomponents">(3)</a>は、Linuxとともに動くのに相当な変更がå¿
…要となりました。ディストリビューションとして完å…
¨ãªã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ 
に統合し、「箱から出してすぐに」使えるとするのも大変な作業でした。どうシステãƒ
 ã‚’インストールし、起動するかという問題を扱う必
要があったからです。&mdash;
+それらを一緒に動くようにするということは、とるにたらない仕事ではありませんでした。いくつかのGNUのコンポーネント&#8239;<a
+class="ftn"
+href="#somecomponents">[3]</a>は、Linuxとともに動くのに相当な変更がå¿
…要となりました。ディストリビューションとして完å…
¨ãªã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ 
に統合し、「箱から出してすぐに」使えるとするのも大変な作業でした。どうシステãƒ
 ã‚’インストールし、起動するかという問題を扱う必
要があったからです。&mdash;
 そういう段階にまだ
到達していなかったので、それは、わたしたちがそれまで取り組んã
 ã“とのなかった問題でした。ですから、様々なシステム
・ディストリビューションを開発した人々
が重要な仕事をたくさんしました。しかし、それは、ものごとの本質として、誰かによってå¿
…ずなされなければならない仕事だったのです。</p>
 
 <p>
@@ -102,20 +112,21 @@
 
 <p>
 参照として、&ldquo;GNU/Linux&rdquo; 
についてリンクを張りたいときは、このページとこちら<a
-href="/gnu/the-gnu-project.html">
-https://www.gnu.org/gnu/the-gnu-project.html</a>が良い選択です。カーネルのLinuxについて述べ、参ç
…§ã¨ã—てリンクを加えたいときには、<a
+href="/gnu/thegnuproject.html">
+https://www.gnu.org/gnu/th-gnuproject.html</a>が良い選択です。カーネルのLinuxについて述べ、参ç
…§ã¨ã—てリンクを加えたいときには、<a
 
href="https://foldoc.org/linux";>https://foldoc.org/linux</a>が使うのに適したURLです。</p>
 <div class="column-limit"></div>
 
 <h3 class="footnote">あとがき</h3>
 
 <p>
-GNUのほかに、別にプロジェクトがもう一つあり、Unixライクなオペレーティング・システãƒ
 ã‚’独立に作り上げています。このシステム
はBSDとして知られ、カリフォルニア大学バークレーæ 
¡ã«ãŠã„て開発されました。80年代にはこれは不自由でしたが、90年代はじめに自由となりました。今日存在する自由なオペレーティングシステãƒ
 <a
-href="#newersystems">(4)</a>はGNUシステムの変種か、BSDシステム
の一種と考えてまず間違いありません。</p>
+GNUのほかに、別にプロジェクトがもう一つあり、Unixライクなオペレーティング・システãƒ
 ã‚’独立に作り上げています。このシステム
はBSDとして知られ、カリフォルニア大学バークレーæ 
¡ã«ãŠã„て開発されました。80年代にはこれは不自由でしたが、90年代はじめに自由となりました。今日存在する自由なオペレーティングシステãƒ
 &#8239;<a
+class="ftn"
+href="#newersystems">[4]</a>はGNUシステムの変種か、BSDシステム
の一種と考えてまず間違いありません。</p>
 
 <p>
-BSDはGNUのひとつの版かどうか(GNU/Linuxのように)、と、聞かれることがままあります。BSDの開発è€
…
たちは、GNUプロジェクトの例に触発されて、かれらのコードを自由ソフトウェアとしました。GNUの活動家によって励まされてきましたが、かれらのコードにはGNUとほとんど重複するところがありません。今日のBSDシステãƒ
 ã‚‚いくつかのGNUプログラムを使っています。GNUシステム
とその変種がいくつかのBSDソフトウェアを使っているのと同様に。しかし、å
…¨ä½“から見れば、この二つは別々
に進化してきたものです。BSDの開発者
はカーネルを書き、GNUシステムに加
えたわけではありません。ですから、GNU/BSDというような名前は状況に則したものではないでしょう。<a
-href="#gnubsd">(5)</a></p>
+BSDはGNUのひとつの版かどうか(GNU/Linuxのように)、と、聞かれることがままあります。BSDの開発è€
…
たちは、GNUプロジェクトの例に触発されて、かれらのコードを自由ソフトウェアとしました。GNUの活動家によって励まされてきましたが、かれらのコードにはGNUとほとんど重複するところがありません。今日のBSDシステãƒ
 ã‚‚いくつかのGNUプログラムを使っています。GNUシステム
とその変種がいくつかのBSDソフトウェアを使っているのと同様に。しかし、å
…¨ä½“から見れば、この二つは別々
に進化してきたものです。BSDの開発者
はカーネルを書き、GNUシステムに加
えたわけではありません。ですから、GNU/BSDというような名前は状況に則したものではないでしょう。&#8239;<a
+class="ftn" href="#gnubsd">[5]</a></p>
 <div class="column-limit"></div>
 
 <h3 class="footnote">脚注</h3>
@@ -205,7 +216,7 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2021/11/01 02:29:16 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>

Index: gnu/manifesto.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/manifesto.ja.html,v
retrieving revision 1.15
retrieving revision 1.16
diff -u -b -r1.15 -r1.16
--- gnu/manifesto.ja.html       3 Jun 2015 01:27:16 -0000       1.15
+++ gnu/manifesto.ja.html       1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.16
@@ -1,34 +1,50 @@
 <!--#set var="ENGLISH_PAGE" value="/gnu/manifesto.en.html" -->
 
 <!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>GNU宣言 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+-->
+</style>
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/manifesto.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.ja.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.ja.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>GNU宣言</h2>
+<div class="thin"></div>
 
+<div class="introduction">
 <p> 下記のGNU宣言は<a
-href="http://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>によって、1985年にGNUオペレーティング・システãƒ
 
の開発に支持を求めて、書かれたものです。1987年までは、開発を説明するのに少ã€
…
更新されましたが、それからは、変更なしのままで置いておくのがよいでしょう。</p>
+href="https://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>によって、1985年にGNUオペレーティング・システãƒ
 
の開発に支持を求めて、書かれたものです。1987年までは、開発を説明するのに少ã€
…
更新されましたが、それからは、変更なしのままで置いておくのがよいでしょう。</p>
 
 
<p>その時から、よくある誤解について、そしてそれが異なる言い回しで避けられることを、わたしたちは学びました。1993年から脚注を付け足し、この点を明確にしました。</p>
 
 <p>GNU/Linuxシステム
をインストールしたい方には、わたしたちは<a
 
href="/distros">100%自由ソフトウェアのGNU/Linuxディストリビューション</a>のひとつを使うことをを推奨します。どのように貢献するかについては、<a
-href="/help/help.html">http://www.gnu.org/help</a>をご覧ください。</p>
+href="/help/help.html">gnu.org/help</a>をご覧ください。</p>
 
 <p>GNUプロジェクトは<a
 
href="/philosophy/free-sw.html">ソフトウェアのユーザの自由</a>のキャンペーンである自由ソフトウェア運動の一部です。GNUを「オープンソース」の用語と関連付けるのは間違いです。この用語は1998に自由ソフトウェア運動の倫理的な価値に同意しない人ã€
…
によって思いつかれたものです。かれらは同じフィールドで<a
 
href="/philosophy/open-source-misses-the-point.html">倫理とは無関係のアプローチ</a>を推進するのにこの用語を使っています。</p>
+<hr class="no-display" />
+</div>
 
 <h3 id="whats-gnu">GNUってなに? GnuはUnixではない (Gnu's Not 
Unix)!</h3>
 
 <p>
    GNU、それはGnuはUnixではない(Gnu's Not
-Unix)を表しますが、わたしが「フリー」に渡し、誰もが使えるように、書いている完å
…¨ãªUnix互換のソフトウェア・システムの名称です。<a
-href="#f1">(1)</a> 
何人かのほかのボランティアがわたしを助けてくれます。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て機器の貢献が大いに必要です。</p>
+Unix)を表しますが、わたしが「フリー」に渡し、誰もが使えるように、書いている完å
…¨ãªUnix互換のソフトウェア・システムの名称です&#8239;<a
+class="ftn"
+href="#f1">[1]</a>。何人かのほかのボランティアがわたしを助けてくれます。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て機器の貢献が大いに必要です。</p>
 
 <p>
    
いままでに、わたしたちは、エディタ・コマンドを書くためのLispがついたEmacsテキスト・エディタと、ソース・レベル・デバッガ、Yacc互換のパーザ生成系、リンカ、そして、ã
 
いたい35のユーティリティを有しています。シェル(コマンド・インタプリタ)はほぼ完成しています。新しい移植性のよい最適化Cコンパイラは、自身をコンパイルできるようになり、今年、リリースできるでしょう。初期段階のカーネルは存在しますが、Unixをエミュレートするにはもっと多くの機能がå¿
…要です。カーネルとコンパイラが終了すれば、プログラム
開発のために適したGNUシステムをé…
å¸ƒã™ã‚‹ã“とができるでしょう。わたしたちはTeXをわたしたちの文書æ¸
…
書系として使いますが、nroffの作業もしています。わたしたちは、自由な、移植性のよいXウィン
 ドウ・システム
も使います。その後、わたしたちは移植性のよいCommon
@@ -51,8 +67,8 @@
 
わたしの意志に反してわたしにそのようなことが行われる機関に留まることはできません。</p>
 
 <p>
-   
屈辱なしにコンピュータを使うことを続けられるために、わたしは、十分な自由ソフトウェアをひとそろい、まとめることを決意しました。そうして、どんな自由でないソフトウェアなしでもやっていけるように、です。わたしはAIラボを辞して、わたしがGNUを渡すのを禁じる、どんな法的理由もMITに与えませんでした。<a
-href="#f2a">(2)</a></p>
+   
屈辱なしにコンピュータを使うことを続けられるために、わたしは、十分な自由ソフトウェアをひとそろい、まとめることを決意しました。そうして、どんな自由でないソフトウェアなしでもやっていけるように、です。わたしはAIラボを辞して、わたしがGNUを渡すのを禁じる、どんな法的理由もMITに与えませんでした&#8239;<a
+class="ftn" href="#f2a">[2]</a>。</p>
 
 <h3 id="compatible">なぜGNUはUnixと互換となるのか</h3>
 
@@ -78,14 +94,14 @@
 
 <h3 id="contribute">どのようにあなたは貢献できるか</h3>
 
-<blockquote>
+<div class="comment">
 <p>
 (昨今では、実施すべきソフトウェアのタスクについて、<a
 href="http://fsf.org/campaigns/priority-projects";>優å…
ˆåº¦ã®é«˜ã„プロジェクトのリスト</a>と<a
 
href="http://savannah.gnu.org/people/?type_id=1";>GNUの求める支援のリスト</a>、GNUソフトウェア・パッケージの一般タスクリストをご覧くã
 ã•ã„。そのほかの支援の方法については、<a
 href="/help/help.html">GNUオペレーティング・システム
を手伝うガイド</a>をご覧ください。)
 </p>
-</blockquote>
+</div>
 
 <p>
    コンピュータ製造業者
にはマシンとお金の寄付を求めています。個人にはプログラãƒ
 ã¨ä½œæ¥­ã®å¯„付を求めています。</p>
@@ -102,8 +118,8 @@
 <h3 
id="benefit">なぜ、すべてのコンピュータ・ユーザが利益を受けるのか</h3>
 
 <p>
-   一旦、GNUが書かれたら、すべての人が良いシステム
ソフトウェアを、ちょうど空気のように、自由に得ることが出来るのです。<a
-href="#f2">(3)</a></p>
+   一旦、GNUが書かれたら、すべての人が良いシステム
ソフトウェアを、ちょうど空気のように、自由に得ることが出来るのです&#8239;<a
+class="ftn" href="#f2">[3]</a>。</p>
 
 <p>
    これは、すべての人々
がUnixライセンスの値段を節約できる以上の、たくさんのことを意味します。それは、システãƒ
 ãƒ»ãƒ—ログラミングの努力のたくさんの不必
要な重複が避けられることを意味します。その努力は、代わりに、最å
…ˆç«¯ã®æŠ€è¡“をより進めるために使えるのです。</p>
@@ -125,15 +141,16 @@
 
 <h3 
id="rebutted-objections">GNUの目標に対する容易に反駁できる反論</h3>
 
-<p id="support">
-<strong>「それが自由ならば誰も使わないでしょう。なぜなら、それにはどんなサポートも期å¾
…できないことを意味するからです。」</strong></p>
-
+<dl>
+<dt id="support">
+<strong>「それが自由ならば誰も使わないでしょう。なぜなら、それにはどんなサポートも期å¾
…できないことを意味するからです。」</strong></dt>
+
+<dt>
+<strong>「サポートを提供するために料金を支払うよう課すべきです。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
-<strong>「サポートを提供するために料金を支払うよう課すべきです。」</strong></p>
-
-<p>
-   人々
が、GNUを無料でサービスなしではなく、むしろGNUと加
えたサービスに支払うのであれば、GNUを無料で取得した人ã€
…にサービスだけを提供する会社が利益を生むでしょう。<a
-href="#f3">(4)</a></p>
+   人々
が、GNUを無料でサービスなしではなく、むしろGNUと加
えたサービスに支払うのであれば、GNUを無料で取得した人ã€
…にサービスだ
けを提供する会社が利益を生むでしょう&#8239;<a
+class="ftn" href="#f3">[4]</a>。</p>
 
 <p>
    実際のプログラミングの仕事の形æ…
‹ã®ã‚µãƒãƒ¼ãƒˆã¨ã€å˜ãªã‚‹å–扱いを区別しなければなりません。前è€
…はソフトウェア・ベンダには期待
できないものです。あなたの問題が十分な人々にå…
±æœ‰ã•ã‚Œã¦ã„ないå 
´åˆã€ãƒ™ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã¯ã‚なたに、失せろ、というでしょう。</p>
@@ -147,39 +164,42 @@
 
 <p>
    
そのようなサービスは単に取扱いと保守を売る会社によって提供できます。もし、ユーザがお金を費やしてサービス付きの製品をå
…¥æ‰‹ã™ã‚‹ã¨ã„うのが当たっているならば、製品を無料でå…
¥æ‰‹ã—てサービスを買いたいでしょう。サービスの会社はその品質と値段で競争するでしょう。ユーザはどの特定の会社にも縛られません。一方、サービスはå¿
…要としないわたしたちは、サービスに支払う必
要なく、プログラムを使えるべきです。</p>
+</dd>
 
-<p id="advertising">
-<strong>「広告なしには多くの人々
に届くことができません。そしてそれをサポートするにはプログラãƒ
 ã«(料金を)課さねばなりません。」</strong></p>
-
-<p>
-<strong>「人々が自由に入手できるプログラム
に広告することなど無用です。」</strong></p>
-
+<dt id="advertising">
+<strong>「広告なしには多くの人々
に届くことができません。そしてそれをサポートするにはプログラãƒ
 ã«(料金を)課さねばなりません。」</strong></dt>
+<dt>
+<strong>「人々が自由に入手できるプログラム
に広告することなど無用です。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    
GNUのようなものについてたくさんのコンピュータユーザに知らせるのに使える無料あるいはとても安い広å
 ±ã®æ§˜ã€…な形æ…
‹ãŒã‚ります。しかし、たくさんのマイクロコンピュータのユーザに、広告でたどり着けるというのは事実でしょう。本当にそうであれば、料金をとってGNUをコピーして郵送するサービスに広告を出すビジネスは、広告の支払いをするのに十分足るように成功するでしょう。この方法では、広告から利益を得るユーザã
 ã‘がそれに支払いをするのです。</p>
 
 <p>
-   
一方、多くの人がGNUをその友達から得て、そのような会社が成功しないå
 ´åˆã€GNUを広めるのに実際は広告は必
要ないことを示すでしょう。自由市場の擁護者は自由市å 
´ãŒã“れを決めるようにしたいと思わないのはなぜでしょうか?<a
-href="#f4">(5)</a></p>
-
-<p id="competitive">
-<strong>「わたしの会社はプロプライエタリなオペレーティング・システãƒ
 ã‚’競争力を得るために必要とします。」</strong></p>
-
+   
一方、多くの人がGNUをその友達から得て、そのような会社が成功しないå
 ´åˆã€GNUを広めるのに実際は広告は必
要ないことを示すでしょう。自由市場の擁護者は自由市å 
´ãŒã“れを決めるようにしたいと思わないのはなぜでしょうか?&#8239;<a
+class="ftn" href="#f4">[5]</a></p>
+</dd>
+
+<dt id="competitive">
+<strong>「わたしの会社はプロプライエタリなオペレーティング・システãƒ
 ã‚’競争力を得るために必要とします。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    GNUはオペレーティング・システム
のソフトウェアを競争の領域から除くでしょう。このé 
˜åŸŸã§ã¯ã€ã‚なたは優勢ではいられないでしょう。あなたの競争相手もあなたに対して優勢であることはできないでしょう。ほかのé
 
˜åŸŸã§ç«¶äº‰ã—、ここでは互いに利益を得るのです。あなたのビジネスがオペレーティング・システãƒ
 
を売ることであれば、あなたはGNUを好まないでしょう。それは、あなたにとって厳しいことでしょう。あなたのビジネスがそのほかのことであれば、GNUは、高価なオペレーティング・システãƒ
 
を売るビジネスに押し込まれることからあなたを救うことができるでしょう。</p>
 
 <p>
-   GNUの開発が、たくさんの製造業者
とユーザからの恩恵で支援され、それぞれのコストを削減することを、みてみたいと、わたしは願っています。<a
-href="#f5">(6)</a></p>
-
-<p id="deserve">
-<strong>「プログラマはその創造性に対して報é…
¬ã«å€¤ã—ないのでしょうか?」</strong></p>
-
+   GNUの開発が、たくさんの製造業者
とユーザからの恩恵で支援され、それぞれのコストを削減することを、みてみたいと、わたしは願っています&#8239;<a
+class="ftn" href="#f5">[6]</a>。</p>
+</dd>
+
+<dt id="deserve">
+<strong>「プログラマはその創造性に対して報é…
¬ã«å€¤ã—ないのでしょうか?」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    なにかが報酬に値するå 
´åˆã€ãã‚Œã¯ç¤¾ä¼šçš„貢献です。創造
性が社会的貢献であることもありえるでしょう。しかし、社会が自由に結果を利用できるå
 ´åˆã«é™ã‚‰ã‚Œã¾ã™ã€‚もし、プログラマが革新的なプログラム
を作ったことで報é…
¬ã«å€¤ã™ã‚‹ãªã‚‰ã°ã€åŒæ§˜ãªç†ç”±ã§ã€ãã®ãƒ—ログラム
の利用を制限した場合には罰に値します。</p>
+</dd>
 
-<p id="reward">
-<strong>「プログラマはその創造性に対して報é…
¬ã‚’要求することができるべきではないでしょうか?」</strong></p>
-
+<dt id="reward">
+<strong>「プログラマはその創造性に対して報é…
¬ã‚’要求することができるべきではないでしょうか?」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    仕事に対して支払を望むことや、収å…
¥ã‚’最大にしようと努めることは、ç 
´å£Šçš„な方法を用いるのではない限り、まったく問題ありません。しかし、今日、ソフトウェアの分野でæ
…£ç¿’となっている方法は破壊にもとづいています。</p>
 
@@ -188,10 +208,11 @@
 
 <p>
    善き市民が豊になるためにそのようなç 
´å£Šçš„方法を用いない理由は、もし皆がそうすれば、相互のç
 ´å£Šã«ã‚ˆã£ã¦å…
¨å“¡ãŒè²§ã—くなってしまうからです。これはカントの倫理です。もしくは、黄金律です。皆がæƒ
…報を秘蔵するå 
´åˆã®å½±éŸ¿ã®å¸°çµã‚’わたしは好まないので、そうすることは間違っていると考えるべきã
 ã¨ã€ã‚ãŸã—は、考えます。具体的には、創造性への報é…
¬ã‚’得たいという欲望は、その創造性のå…
¨ä½“あるいは一部を世間一般から奪うことを正当化しません。</p>
+</dd>
 
-<p id="starve">
-<strong>「プログラマは飢えませんか?」</strong></p>
-
+<dt id="starve">
+<strong>「プログラマは飢えませんか?」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    
プログラマになることを誰も強制されない、と答えましょうか。ほとんどの人は街角に立ってにらめっこをしてお金を得ることはできません。しかし、その結果として、一生を街角に立ってにらめっこをすることに費やしなさいと宣告され、飢えてしまう、ということはありません。わたしたちはなにかほかのことをします。</p>
 
@@ -202,21 +223,23 @@
    
プログラマが飢えない本当の理由は、プログラミングで支払いを得ることがそれでも可能ã
 ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚今と同じように多くはないだけです。</p>
 
 <p>
-   コピーをすることを制限することだ
けが、ソフトウェアのビジネスの基礎ではありません。それがほとんどのお金を持ってくるので、これは、もっともよくある基礎<a
-href="#f8">(7)</a>です。それがもし禁止されているå 
´åˆã€ã‚るいは、顧客から拒否されるå 
´åˆã€ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ“ジネスは、今はあまり用いられていない、ほかの組織化の基礎へと移行するでしょう。いろいろなビジネスを組織するたくさんの方法が常にあります。</p>
+   コピーをすることを制限することだ
けが、ソフトウェアのビジネスの基礎ではありません。それがほとんどのお金を持ってくるので、これは、もっともよくある基礎&#8239;<a
+class="ftn"
+href="#f8">[7]</a>です。それがもし禁止されているå 
´åˆã€ã‚るいは、顧客から拒否されるå 
´åˆã€ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ“ジネスは、今はあまり用いられていない、ほかの組織化の基礎へと移行するでしょう。いろいろなビジネスを組織するたくさんの方法が常にあります。</p>
 
 <p>
    
プログラミングは、おそらく、新しい基礎では、今のように儲かるものではないでしょう。しかし、これは変革への反論とはなりません。販売事務員がいまそうしているように給与を得るのは不正とは考えられません。プログラマが同じようにしたå
 
´åˆã€ãã‚Œã‚‚不正ではないでしょう。(実際には、プログラマはそれよりも十分多くを得るでしょう。)</p>
+</dd>
 
-<p id="right-to-control">
-<strong>「創造
性がどのように使われるかコントロールする権利を人々
は有しませんか?」</strong></p>
-
+<dt id="right-to-control">
+<strong>「創造
性がどのように使われるかコントロールする権利を人々
は有しませんか?」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
 
「ある人のアイデアの利用をコントロールする」ということは、実に、ほかの人ã€
…
の生活をコントロールすることから構成されます。そして、それは通常、その暮らしをより困難にしてしまいます。</p>
 
 <p>
-   知的財産権<a
-href="#f6">(8)</a>の問題を慎重に研究した人々
(法律家のように)は、知的財産には本来備わっている権利はない、と言います。政府が認識する、信じられている類の知的財産権は、特定の目的のための特定の法律によって作られたものです。</p>
+   知的財産権&#8239;<a class="ftn"
+href="#f6">[8]</a>の問題を慎重に研究した人々
(法律家のように)は、知的財産には本来備わっている権利はない、と言います。政府が認識する、信じられている類の知的財産権は、特定の目的のための特定の法律によって作られたものです。</p>
 
 <p>
    たとえば、特許のシステムは発明者
がその発明の詳細を開示することを推奨するように作られました。その目的は発明è€
…
を助けることではなく、社会に役立つように、でした。当時、特許の17年の寿命は、最å
…ˆç«¯ã®é€²æ­©ã®é€Ÿåº¦ã¨æ¯”較すると短いものでした。特許は製造
者間だけの問題であり、製造者
にとってライセンス合意のコストと努力は、生産の設立と比較すれば小さく、特許は、しばしば、そんなに有害なものではありません。特許製品を使うほとんどの個人を妨害することはありません。</p>
@@ -230,19 +253,21 @@
 
 <p>
    今日のプログラムのケースは百年前の書籍のå 
´åˆã¨å¤§ããç•°ãªã‚Šã¾ã™ã€‚プログラム
をコピーする一番簡単な方法は、ある隣人からその隣人へ、であるという事実、プログラãƒ
 
にはソースコードとオブジェクトコードがあり、それらは異なるという事実、プログラãƒ
 ã¯èª­ã‚“だり楽しんだ
りするよりも、使うものであるという事実、それらが組み合わさって、著作権を行使するある人が物心両面で社会å
…
¨ä½“に害を為すという状況を生み出しています。この状況では、法律がそれを可能にするかどうかに関係なく、そうするべきではありません。</p>
+</dd>
 
-<p id="competition">
-<strong>「競争が、ものごとをよりよいものとします。」</strong></p>
-
+<dt id="competition">
+<strong>「競争が、ものごとをよりよいものとします。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    競争のパラダイムはレースです。勝者に報é…
¬ã‚’与えることによって、皆を速く走るように促します。資本主義が本当にこの方法で働くとき、競争はよい仕事をしますが、その擁護è€
…は、間違って、いつもそのように働くと仮定します。走者
が、なぜ報é…
¬ãŒä¸Žãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã®ã‹ã‚’忘れ、何がなんでも勝つということに固執すれば、ほかの戦略を見つけるかもしれません。ほかの走è€
…を攻撃する、というように。走者が素
手で殴り合うようになれば、全員が遅
くゴールすることになります。</p>
 
 <p>
    プロプライエタリな秘密のソフトウェアは素
手で殴り合う走者
と道徳的に同等です。悲しいことに、わたしたちのレフェリーは、æ
 ¼é—˜ã«åå¯¾ã§ã¯ãªã„ようで、調整するだ
けです(「10ヤード走る毎に一発だ
け殴れます」、と)。レフェリーは本当はかれらを止めにå…
¥ã‚‹ã¹ãã§ã€æ ¼é—˜ã—ようとしただけでも走者
を罰するべきなのです。</p>
+</dd>
 
-<p id="stop-programming">
-<strong>「金銭のå 
±å¥¨ãŒãªã‘れば、みんなプログラミングを止めてしまうのでは?」</strong></p>
-
+<dt id="stop-programming">
+<strong>「金銭のå 
±å¥¨ãŒãªã‘れば、みんなプログラミングを止めてしまうのでは?」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    実際、多くの人々
はまったく金銭的な動機なしにプログラム
するでしょう。プログラミングは、ある人々
には抗しがたい魅力です。通常、そうするのに最適な人々
にとって。その方法で生計を立てる希望がまったくなくても、プロフェッショナルのミュージシャンの不足の心é
…ã¯ã¾ã£ãŸãã‚りません。</p>
 
@@ -258,17 +283,19 @@
 
 <p>
    
この事実が示すことは、金持ちになるよりもほかの理由で人ã€
…はプログラム
するということです。しかし、同時にたくさんのお金を得る機会が与えられれば、それを期å¾
…
し、要求するようになるでしょう。低給を支払う組織は、高給を支払う組織に競争に勝ち得ませんが、高給を支払う組織が禁止されれば、やっていけないわけではありません。</p>
+</dd>
 
-<p id="desperate">
-<strong>「わたしたちはぜひともプログラマが必
要です。かれらが、わたしたちの隣人を助けることを止めることを要求するなら、わたしたちは従わなければなりません。」</strong></p>
-
+<dt id="desperate">
+<strong>「わたしたちはぜひともプログラマが必
要です。かれらが、わたしたちの隣人を助けることを止めることを要求するなら、わたしたちは従わなければなりません。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    
そういった類の要求に従わなければならないほど、どうしてもå¿
…要ということは決してありません。忘れないように:
 
たとえ何百万かかろうとも防衛を、しかし、賄賂には1セントも払うな、です。</p>
+</dd>
 
-<p id="living">
-<strong>「プログラマはなにかで生計を立てる必
要があります。」</strong></p>
-
+<dt id="living">
+<strong>「プログラマはなにかで生計を立てる必
要があります。」</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    
短期的には、これは正しいでしょう。しかし、プログラマがプログラãƒ
 
を使う権利を売ることなく生計を立てられるたくさんの方法があります。この方法がいまやありふれているのは、それがプログラマやビジネスマンにほとんどのお金をもたらすからで、それが生計を立てる唯一の方法ã
 
から、ではありません。探そうと思えば、ほかの方法を見つけることは容易でしょう。いくつか例をあげてみましょう。</p>
 
@@ -279,8 +306,8 @@
    
指導や取扱い、保守のサービスもプログラマを雇うでしょう。</p>
 
 <p>
-   新しいアイデアを持った人々は、プログラム
をフリーウェア<a
-href="#f7">(9)</a>としてé…
å¸ƒã—て、満足したユーザに寄付をお願いしたり、取扱いサービスを販売できるでしょう。わたしは、この方法で働くことにすでに成功している人ã€
…に会ったことがあります。</p>
+   新しいアイデアを持った人々は、プログラム
をフリーウェア&#8239;<a class="ftn"
+href="#f7">[9]</a>としてé…
å¸ƒã—て、満足したユーザに寄付をお願いしたり、取扱いサービスを販売できるでしょう。わたしは、この方法で働くことにすでに成功している人ã€
…に会ったことがあります。</p>
 
 <p>
    
関連する需要があるユーザは、ユーザグループを結成し、会費を集めることができます。グループはプログラミングの会社と契約して、グループのメンバーが使いたいプログラãƒ
 ã‚’書いてもらうのです。</p>
@@ -306,14 +333,18 @@
 <li>このコミュニティがどういったレベルのサポートが必
要かを決定する。</li>
 
<li>どのプロジェクトが取り分を費やすかを気にするユーザは自分自身で選択できる。</li>
 </ul>
+</dd>
+</dl>
+<div class="column-limit"></div>
+
 <p>
    長期的には、プログラム
を自由にすることは、供給不足の時代の後の世代の世界への一歩でしょう。そこでは、誰も生計を立てるためã
 ã‘に懸命に働く必要はないでしょう。そこで、必
要な週10時間の仕事、立法、人生相談、ロボットの修理、小惑星探査といったもの、の後には、人ã€
…
はプログラミングのような楽しい活動に専心する自由があるでしょう。プログラミングで生計を立てられるå¿
…要はないでしょう。</p>
 
 <p>
    実際の生産性のために社会å…
¨ä½“が行わなければならない労働の量は、既に大きく削減されてきていますが、そのほんの少ししか労働è€
…
の余暇へと変換されてません。これは、たくさんの非生産的活動が生産的活動にともなってå¿
…要となるからです。この主な原因
は官僚主義と「どんぐりの背比べ」の競争です。自由ソフトウェアは、ソフトウェアの生産の分野で、この流出を大いに削減するでしょう。わたしたちはそうしなければなりません。生産性の技術的利得を、わたしたちのより少ない労働に変換するために。</p>
+<div class="column-limit"></div>
 
-
-<h3 id="footnotes">脚注</h3>
+<h3 id="footnotes" class="footnote">脚注</h3>
 
 <!-- The anchors do not match the actual footnote numbers because of
      revisions over time.  And if a new footnote is added, the references
@@ -329,7 +360,7 @@
 <li id="f3">そういった会社はいくつか今存在します。</li>
 
 <li id="f4">会社ではなくæ…
ˆå–„団体ですが、フリーソフトウェアファウンデーションは10年の間、その資金のほとんどをé
…
å¸ƒã‚µãƒ¼ãƒ“スから得ていました。あなたは、その仕事を支持するために、<a
-href="/order/order.html">FSFのものを注文する</a>ことができます。
+href="https://shop.fsf.org/";>FSFのものを注文する</a>ことができます。
 </li>
 
 <li 
id="f5">1991年あたりで、コンピュータ会社のグループが、GNU 
Cコンパイラの保守を支援するために、資金を集めました。</li>
@@ -343,6 +374,7 @@
 
href="/philosophy/words-to-avoid.html#Freeware">紛らわしい言葉と言い方</a>」をご覧くã
 ã•ã„。</li>
 
 </ol>
+</div>
 
 <div class="translators-notes">
 
@@ -352,7 +384,7 @@
 
 <!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
@@ -371,12 +403,12 @@
 
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 
正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
-href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と貢献については、<a
 href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。</p>
 </div>
 
@@ -396,8 +428,8 @@
      
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
-<p>Copyright &copy; 1985, 1993, 2003, 2005, 2007, 2008, 2009, 2010, 2014, 2015
-Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1985, 1993, 2004, 2005, 2007, 2009, 2010, 2015, 2021 Free
+Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>
 この文書のそのままのコピーの作成とé…
å¸ƒã‚’、いかなるメディアでも、この著作権表示と許可の告知が保存され、é
…å¸ƒè€…
が受け取った人に対してこの告知で許可されるのと同じように、さらなる再é
…å¸ƒã®è¨±å¯ã‚’与える限り、誰にでも許可します。 
@@ -414,11 +446,12 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2015/06/03 01:27:16 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
 </div>
+<!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/pronunciation.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/pronunciation.ja.html,v
retrieving revision 1.5
retrieving revision 1.6
diff -u -b -r1.5 -r1.6
--- gnu/pronunciation.ja.html   3 Feb 2016 09:12:53 -0000       1.5
+++ gnu/pronunciation.ja.html   1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.6
@@ -1,21 +1,24 @@
 <!--#set var="ENGLISH_PAGE" value="/gnu/pronunciation.en.html" -->
 
-<!--#include virtual="/server/html5-header.ja.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!--#include virtual="/server/header.ja.html" -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
 
 <!-- This file is automatically generated by GNUnited Nations! -->
 <title>GNUの発音の仕方 - GNUプロジェクト - 
フリーソフトウェアファウンデーション</title>
 
 <!--#include virtual="/gnu/po/pronunciation.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.ja.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>GNUの発音の仕方</h2>
 
 <p>&ldquo;GNU&rdquo;は、&ldquo;GNU's Not
-Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)の再帰é 
­å­—語です。/g/で始まる一音節で、<em>グヌー</em>[ˈgnuː]と発音します。</p>
+Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)の再帰é 
­å­—語です。/g/で始まる一音節で、&ldquo;grew&rdquo;
+のように(しかし、<i>r</i> を<i>n</i> に代えて) 
<em>グヌー</em>[ˈgnuː]と発音します。</p>
 
 <p>
 こちらは、<a
-href="http://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>が&ldquo;GNU&rdquo;と言っている録音と、どのようにしてGNUが名づけられたかについて説明している録音です:
+href="https://www.stallman.org/";>リチャード・ストールマン</a>が&ldquo;GNU&rdquo;と言っている録音と、どのようにしてGNUが名づけられたかについて説明している録音です:
 </p>
 
 <p><strong>&ldquo;GNU&rdquo;の言い方:</strong></p>
@@ -30,16 +33,19 @@
 
 <p><a
 
href="/gnu/linux-and-gnu.html">GNUとLinux</a>の組み合わせが<strong>GNU/Linuxオペレーティング・システãƒ
 
</strong>です。いまや何百万人に使われてますが、時に間違って、単に&ldquo;Linux&rdquo;と呼ばれます。</p>
-<p>GNUオペレーティング・システムのより詳細な情å 
±ã¨æ­´å²ã«ã¤ã„ては、こちら<a
-href="/gnu/">http://www.gnu.org/gnu/</a>をご覧ください</p>
+<p>GNUオペレーティング・システムのより詳細な情å 
±ã¨æ­´å²ã«ã¤ã„ては、こちら<a 
href="/gnu/">gnu.org/gnu/</a>をご覧ください</p>
 
+<div class="infobox" role="complementary">
+<hr />
 <h3 id="license">録音のライセンス</h3>
 
-<p>Copyright (C) 2001 Richard M. Stallman</p>
+<p>Copyright (C) 2001 Richard Stallman</p>
 
 <p>この録音は<a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/";>Creative Commons
 Attribution-NoDerivs 3.0 United States 
License</a>の条件で許諾されます。</p>
+</div>
+</div>
 
 <div class="translators-notes">
 
@@ -49,7 +55,7 @@
 
 <!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.ja.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>FSFおよびGNUに関する問い合わせは<a
@@ -68,18 +74,18 @@
 
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 
正確で良い品質の翻訳を提供するよう努力していますが、不完å
…¨ãªå 
´åˆã‚‚あるかと思います。翻訳に関するコメントと提案は、<a
-href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と提出については、<a
+href="mailto:web-translators@gnu.org";>&lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>におねがいします。</p><p>わたしたちのウェブページの翻訳の調整と貢献については、<a
 href="/server/standards/README.translations.html">翻訳 
README</a>をご覧ください。</p>
 </div>
 
 <!-- Regarding copyright, in general, standalone pages (as opposed to
      files generated as part of manuals) on the GNU web server should
-     be under CC BY-ND 3.0 US.  Please do NOT change or remove this
+     be under CC BY-ND 4.0.  Please do NOT change or remove this
      without talking with the webmasters or licensing team first.
      Please make sure the copyright date is consistent with the
      document.  For web pages, it is ok to list just the latest year the
@@ -93,11 +99,11 @@
      
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
-<p>Copyright &copy; 2010, 2013, 2014 Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 2010, 2011, 2021 Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>このページは<a rel="license"
-href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/deed.ja";>Creative
-Commons Attribution-NoDerivs 3.0 United States 
License</a>の条件で許諾されます。</p>
+href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/deed.ja";>Creative
+Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International 
License</a>の条件で許諾されます。</p>
 
 <!--#include virtual="/server/bottom-notes.ja.html" -->
 <div class="translators-credits">
@@ -108,12 +114,12 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2016/02/03 09:12:53 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
 </div>
+<!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>
-

Index: gnu/po/byte-interview.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/byte-interview.ja-en.html,v
retrieving revision 1.4
retrieving revision 1.5
diff -u -b -r1.4 -r1.5
--- gnu/po/byte-interview.ja-en.html    4 Jul 2020 09:00:36 -0000       1.4
+++ gnu/po/byte-interview.ja-en.html    1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.5
@@ -1,15 +1,25 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 <title>BYTE Interview with Richard Stallman
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
 <!--#include virtual="/gnu/po/byte-interview.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>BYTE Interview with Richard Stallman</h2>
 
-<p>Conducted by David Betz and Jon Edwards</p>
+<address class="byline">conducted by David Betz and Jon Edwards</address>
 
-<h3>Richard Stallman discusses his public-domain Unix-compatible
-                    software system with BYTE editors (July 1986) </h3>
+<div class="introduction">
+<p>Richard Stallman discusses his public-domain Unix-compatible
+software system with BYTE editors (July 1986).</p>
+</div>
+<hr class="no-display" />
 
 <p>Richard Stallman has undertaken probably the most ambitious free
 software development project to date, the GNU system.  In his GNU
@@ -18,7 +28,7 @@
 system which I am writing so that I can give it away free to everyone
 who can use it&hellip;  Once GNU is written, everyone will be able to
 obtain good system software free, just like air.&rdquo; (GNU is an
-acronym for GNU's Not Unix; the &ldquo;G&rdquo; is pronounced.)</p>
+acronym for GNU's Not Unix; the <i>g</i> is pronounced.)</p>
 
 <p>Stallman is widely known as the author of EMACS, a powerful text
 editor that he developed at the <abbr title="Massachusetts Institute
@@ -420,13 +430,13 @@
 <p><strong>Stallman</strong>: Write to the Free Software Foundation, 675 
Massachusetts Ave.,
 Cambridge, MA 02139.</p>
 
-<p>[The current address (since 2005) is:
-     Free Software Foundation
-     51 Franklin St, Fifth Floor
-     Boston, MA  02110-1301,  USA
-     Voice:  +1-617-542-5942
+<address>[The current address (since 2005) is:<br />
+     Free Software Foundation,
+     51 Franklin St, Fifth Floor,
+     Boston, MA  02110-1301,  USA.<br />
+     Voice:  +1-617-542-5942<br />
      Fax:    +1-617-542-2652]
-</p>
+</address>
 
 <p><strong>BYTE</strong>: What are you going to do when you are done with the 
GNU system?</p>
 
@@ -440,10 +450,11 @@
 working a little bit of the time just to live.  I don't have to live
 expensively.  The rest of the time I can find interesting people to hang
 around with or learn to do things that I don't know how to do.</p>
+</div>
 
 </div><!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>Please send general FSF &amp; GNU inquiries to
@@ -461,13 +472,13 @@
         to <a href="mailto:web-translators@gnu.org";>
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 Please see the <a
 href="/server/standards/README.translations.html">Translations
-README</a> for information on coordinating and submitting translations
+README</a> for information on coordinating and contributing translations
 of this article.</p>
 </div>
 
@@ -488,8 +499,7 @@
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
 
-<p>Copyright &copy; 1999, 2000, 2001, 2002, 2007, 2013, 2014, 2020
-Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1999, 2021 Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>This page is licensed under a <a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/";>Creative
@@ -499,10 +509,10 @@
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2020/07/04 09:00:36 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
-</div>
+</div><!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/po/gnu-history.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/gnu-history.ja-en.html,v
retrieving revision 1.21
retrieving revision 1.22
diff -u -b -r1.21 -r1.22
--- gnu/po/gnu-history.ja-en.html       25 Jun 2019 08:58:31 -0000      1.21
+++ gnu/po/gnu-history.ja-en.html       1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.22
@@ -1,18 +1,26 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.84 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 <title>Overview of the GNU System
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
 <meta name="Keywords" content="GNU, GNU Project, FSF, Free Software, Free 
Software Foundation, History" />
 <!--#include virtual="/gnu/po/gnu-history.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>Overview of the GNU System</h2>
+<div class="thin"></div>
 
 <p>
 The GNU operating system is a complete free software system,
-upward-compatible with Unix.  GNU stands for &ldquo;GNU's Not Unix&rdquo;.
+upward-compatible with Unix.  GNU stands for &ldquo;GNU's Not Unix.&rdquo;
 It is pronounced as <a href="/gnu/pronunciation.html">one syllable with a
-hard g</a>.
-<a href="http://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> made the
+hard <i>g</i></a>.
+<a href="https://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> made the
 <a href="/gnu/initial-announcement.html">Initial Announcement</a> of
 the GNU Project in September 1983.  A longer version called
 the <a href="/gnu/manifesto.html">GNU Manifesto</a> was published in
@@ -22,9 +30,9 @@
 <p>
 The name &ldquo;GNU&rdquo; was chosen because it met a few
 requirements; first, it was a recursive acronym for &ldquo;GNU's Not
-Unix&rdquo;, second, because it was a real word, and third, it was fun
+Unix,&rdquo; second, because it was a real word, and third, it was fun
 to say (or
-<a href="http://www.poppyfields.net/poppy/songs/gnu.html";>Sing</a>).</p>
+<a href="http://www.poppyfields.net/poppy/songs/gnu.html";>sing</a>).</p>
 
 <p>
 The word &ldquo;free&rdquo; in &ldquo;free software&rdquo; pertains to
@@ -40,7 +48,7 @@
 
 <p>
 The project to develop the GNU system is called the &ldquo;GNU
-Project&rdquo;.  The GNU Project was conceived in 1983 as a way of
+Project.&rdquo;  The GNU Project was conceived in 1983 as a way of
 bringing back the cooperative spirit that prevailed in the computing
 community in earlier days&mdash;to make cooperation possible once again by
 removing the obstacles to cooperation imposed by the owners of
@@ -75,7 +83,7 @@
 text formatters, mail software, graphical interfaces, libraries, games
 and many other things.  Thus, writing a whole operating system is a
 very large job.  We started in January 1984.
-The <a href="http://fsf.org/";> Free Software Foundation</a> was
+The <a href="https://www.fsf.org/";> Free Software Foundation</a> was
 founded in October 1985, initially to raise funds to help develop
 GNU.</p>
 
@@ -86,26 +94,26 @@
 complete operating system: the GNU/Linux system.  Estimates are that
 tens of millions of people now use GNU/Linux systems, typically
 via <a href="/distros/distros.html">GNU/Linux distributions</a>.  The principal
-version of Linux now contains non-free firmware &ldquo;blobs&rdquo;;
+version of Linux now contains nonfree firmware &ldquo;blobs&rdquo;;
 free software activists now maintain a modified free version of Linux,
-called <a href="http://directory.fsf.org/project/linux";>
+called <a href="https://directory.fsf.org/wiki/Linux-libre";>
 Linux-libre</a>.</p>
 
 <p>
 However, the GNU Project is not limited to the core operating system.
 We aim to provide a whole spectrum of software, whatever many users
 want to have.  This includes application software.  See
-the <a href="/directory">Free Software Directory</a> for a catalogue
+the <a href="https://directory.fsf.org/wiki/Main_Page";>Free Software 
Directory</a> for a catalogue
 of free software application programs.</p>
 
 <p>
 We also want to provide software for users who are not computer
 experts.  Therefore we developed a
-<a href="http://www.gnome.org/";>graphical desktop (called GNOME)</a> to help
+<a href="https://www.gnome.org/";>graphical desktop (called GNOME)</a> to help
 beginners use the GNU system.</p>
 
 <p>We also want to provide games and other recreations.  Plenty of <a
-href="http://directory.fsf.org/wiki/Category/Game";>free games</a> are
+href="https://directory.fsf.org/wiki/Category/Game";>free games</a> are
 already available.</p>
 
 <p>
@@ -114,11 +122,11 @@
 the patent system prohibit free software</a>.  The ultimate goal is to
 provide free software to do all of the jobs computer users want to
 do&mdash;and thus make proprietary software a thing of the past.</p>
-
+</div>
 
 </div><!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>Please send general FSF &amp; GNU inquiries to
@@ -136,13 +144,13 @@
         to <a href="mailto:web-translators@gnu.org";>
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 Please see the <a
 href="/server/standards/README.translations.html">Translations
-README</a> for information on coordinating and submitting translations
+README</a> for information on coordinating and contributing translations
 of this article.</p>
 </div>
 
@@ -163,8 +171,8 @@
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
 
-<p>Copyright &copy; 1996, 1997, 1998, 1999, 2001, 2002, 2003, 2005, 2007,
-2009, 2012, 2014, 2017 Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1996, 1997, 2003, 2005, 2008, 2012, 2017, 2021
+Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>This page is licensed under a <a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/";>Creative
@@ -174,10 +182,10 @@
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2019/06/25 08:58:31 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
-</div>
+</div><!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/po/gnu-history.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/gnu-history.ja.po,v
retrieving revision 1.23
retrieving revision 1.24
diff -u -b -r1.23 -r1.24
--- gnu/po/gnu-history.ja.po    1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.23
+++ gnu/po/gnu-history.ja.po    1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.24
@@ -46,11 +46,11 @@
 msgstr ""
 "GNUオペレーテイング・システムはUnixと上位互換の完å…
¨ãªè‡ªç”±ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ "
 "です。GNUは&ldquo;GNU's Not 
Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)を表しています。<a "
-"href=\"/gnu/pronunciation.html\">硬い<i>g</i>の一音節</a>で発音されます。<a
 href="
-"\"https://www.stallman.org/\";>リチャード・ストールマン</a>は、GNUプロジェクト"
-"の<a 
href=\"/gnu/initial-announcement.html\">最初の声明</a>を1983年9月に行い"
-"ました。長いバージョンは<a 
href=\"/gnu/manifesto.html\">GNU宣言</a>と呼ばれ"
-"1985年3月に発行されました。これはいくつかの<a 
href=\"/gnu/manifesto."
+"href=\"/gnu/pronunciation.html\">硬い<i>g</i>の一音節</a>で発音されます。<a
 "
+"href=\"https://www.stallman.org/\";>リチャード・ストールマン</a>は、GNUプロ"
+"ジェクトの<a 
href=\"/gnu/initial-announcement.html\">最初の声明</a>を1983年9"
+"月に行いました。長いバージョンは<a 
href=\"/gnu/manifesto.html\">GNU宣言</a>と"
+"呼ばれ1985年3月に発行されました。これはいくつかの<a 
href=\"/gnu/manifesto."
 "html#translations\">ほかの言語</a>に翻訳されました。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
@@ -205,7 +205,8 @@
 
"るものではありません。わたしたちはあらゆる分野の多くのユーザが望むソフトウェ"
 
"アを提供することを目的としています。これにはアプリケーションソフトウェアが含"
 
"まれます。自由ソフトウェアのアプリケーションプログラãƒ
 ã®ã‚«ã‚¿ãƒ­ã‚°ã¯ã€<a href="
-"\"https://directory.fsf.org/wiki/Main_Page\";>自由ソフトウェア・ディレクトリ</a>をご覧くã
 ã•ã„。"
+"\"https://directory.fsf.org/wiki/Main_Page\";>自由ソフトウェア・ディレクトリ</"
+"a>をご覧ください。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""

Index: gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html,v
retrieving revision 1.24
retrieving revision 1.25
diff -u -b -r1.24 -r1.25
--- gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html      31 Aug 2021 03:06:01 
-0000      1.24
+++ gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.ja-en.html      1 Dec 2021 02:59:07 
-0000       1.25
@@ -1,10 +1,15 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
 <!-- Parent-Version: 1.96 -->
 <!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
-<title>GNU Users Who Have Never Heard of GNU
+<!--#set var="TAGS" value="gnulinux" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
+<title>GNU Users Who Have Never Heard of&nbsp;GNU
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
 <!--#include virtual="/gnu/po/gnu-users-never-heard-of-gnu.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
 <div class="article reduced-width">
 <h2>GNU Users Who Have Never Heard of&nbsp;GNU</h2>
 
@@ -58,7 +63,6 @@
 <a href="/gnu/why-gnu-linux.html">Why GNU/Linux?</a> 
 and our page on <a href="/gnu/linux-and-gnu.html">Linux and the GNU System</a>.
 </p>
-<hr class="no-display" />
 </div>
 </div>
 
@@ -120,7 +124,7 @@
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2021/08/31 03:06:01 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>

Index: gnu/po/initial-announcement.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/initial-announcement.ja-en.html,v
retrieving revision 1.3
retrieving revision 1.4
diff -u -b -r1.3 -r1.4
--- gnu/po/initial-announcement.ja-en.html      28 Apr 2014 07:58:59 -0000      
1.3
+++ gnu/po/initial-announcement.ja-en.html      1 Dec 2021 02:59:07 -0000       
1.4
@@ -1,12 +1,25 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 <title>Initial Announcement - GNU Project - Free Software Foundation</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+pre.emph-box { font-size: .94em; background: none; margin-bottom: 2.5em; }
+--></style>
 <!--#include virtual="/gnu/po/initial-announcement.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>Initial Announcement</h2>
+<div class="thin"></div>
 
+<div class="introduction">
 <p> This is the original announcement of the GNU Project, posted by
-<a href="http://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> on September
+<a href="https://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> on September
 27, 1983.</p>
 
 <p> The actual history of the GNU Project differs in many ways from
@@ -14,12 +27,14 @@
 January 1984. Several of the philosophical concepts
 of <a href="/philosophy/free-sw.html">free software</a> were not
 clarified until a few years later.</p>
+</div>
+<hr class="no-display" />
 
 <h3>Free Unix!</h3>
 
 <p>Starting this Thanksgiving I am going to write a complete
 Unix-compatible software system called GNU (for Gnu's Not Unix), and
-give it away free<a href="#f1">(1)</a> to everyone who can use it.
+give it away free&#8239;<a class="ftn" href="#f1">[1]</a> to everyone who can 
use it.
 Contributions of time, money, programs and equipment are greatly
 needed.</p>
 
@@ -95,35 +110,28 @@
 
 <p>For more information, contact me.</p>
 
-<p>Arpanet mail:<br />
-  RMS@MIT-MC.ARPA</p>
+<address>Arpanet mail:<br />
+  RMS@MIT-MC.ARPA</address>
 
-<p>Usenet:<br />
+<address>Usenet:<br />
   ...!mit-eddie!RMS@OZ<br />
-  ...!mit-vax!RMS@OZ</p>
+  ...!mit-vax!RMS@OZ</address>
 
-<p>US Snail:<br />
+<address>US Snail:<br />
   Richard Stallman<br />
   166 Prospect St<br />
-  Cambridge, MA 02139</p>
-
-
-<h4 id="f1">Poor choice of wording around &ldquo;free&rdquo;</h4>
-
-<p>The wording here was careless.  The intention was that nobody would
-have to pay for <b>permission</b> to use the GNU system.  But the
-words don't make this clear, and people often interpret them as saying
-that copies of GNU should always be distributed at little or no
-charge.  That was never the intent.</p>
+  Cambridge, MA 02139</address>
+<hr class="column-limit" />
 
+<div class="infobox extra" role="complementary">
 <h3>Original message</h3>
 
 <p>For completeness, the original email is reproduced here, in its
 original form.</p>
 
-<div dir="ltr">
-<pre><!--TRANSLATORS: Don't translate anything except the headers.-->
-From 
CSvax:pur-ee:inuxc!ixn5c!ihnp4!houxm!mhuxi!eagle!mit-vax!mit-eddie!RMS@MIT-OZ
+<pre class="emph-box" dir="ltr">
+<!--TRANSLATORS: Don't translate anything except the headers.
+-->From 
CSvax:pur-ee:inuxc!ixn5c!ihnp4!houxm!mhuxi!eagle!mit-vax!mit-eddie!RMS@MIT-OZ
 From: RMS%MIT-OZ@mit-eddie
 Newsgroups: net.unix-wizards,net.usoft
 Subject: new Unix implementation
@@ -134,7 +142,7 @@
 
 Starting this Thanksgiving I am going to write a complete
 Unix-compatible software system called GNU (for Gnu's Not Unix), and
-give it away free<a href="#f1">(1)</a> to everyone who can use it.
+give it away free&#8239;<a href="#f1">[1]</a> to everyone who can use it.
 Contributions of time, money, programs and equipment are greatly
 needed.
 
@@ -224,9 +232,20 @@
 </pre>
 </div>
 
+<h3 id="f1" class="footnote">Footnote</h3>
+<ol>
+<li><em>The wording here was careless.</em>  The intention was that nobody 
would
+have to pay for <b>permission</b> to use the GNU system.  But the
+words don't make this clear, and people often interpret them as saying
+that copies of GNU should always be distributed at little or no
+charge.  That was never the intent.</li>
+</ol>
+
+</div>
+
 </div><!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>Please send general FSF &amp; GNU inquiries to
@@ -244,19 +263,19 @@
         to <a href="mailto:web-translators@gnu.org";>
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 Please see the <a
 href="/server/standards/README.translations.html">Translations
-README</a> for information on coordinating and submitting translations
+README</a> for information on coordinating and contributing translations
 of this article.</p>
 </div>
 
 <!-- Regarding copyright, in general, standalone pages (as opposed to
      files generated as part of manuals) on the GNU web server should
-     be under CC BY-ND 3.0 US.  Please do NOT change or remove this
+     be under CC BY-ND 4.0.  Please do NOT change or remove this
      without talking with the webmasters or licensing team first.
      Please make sure the copyright date is consistent with the
      document.  For web pages, it is ok to list just the latest year the
@@ -271,21 +290,21 @@
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
 
-<p>Copyright &copy; 1983, 1999, 2007, 2008, 2009, 2013, 2014
-Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 1983, 1999, 2007, 2009, 2021 Free Software Foundation,
+Inc.</p>
 
 <p>This page is licensed under a <a rel="license"
-href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/";>Creative
-Commons Attribution-NoDerivs 3.0 United States License</a>.</p>
+href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/";>Creative
+Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International License</a>.</p>
 
 <!--#include virtual="/server/bottom-notes.html" -->
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2014/04/28 07:58:59 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
-</div>
+</div><!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/po/initial-announcement.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/initial-announcement.ja.po,v
retrieving revision 1.12
retrieving revision 1.13
diff -u -b -r1.12 -r1.13
--- gnu/po/initial-announcement.ja.po   1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.12
+++ gnu/po/initial-announcement.ja.po   1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.13
@@ -28,8 +28,9 @@
 "This is the original announcement of the GNU Project, posted by <a href="
 "\"https://www.stallman.org/\";>Richard Stallman</a> on September 27, 1983."
 msgstr ""
-"これは、GNUプロジェクトのオリジナルの声明です。<a 
href=\"https://www.stallman.";
-"org/\">リチャード・ストールマン</a>によって1983年9月27日に投稿されました。"
+"これは、GNUプロジェクトのオリジナルの声明です。<a 
href=\"https://www.";
+"stallman.org/\">リチャード・ストールマン</a>によって1983年9月27日に投稿されま"
+"した。"
 
 #. type: Content of: <div><div><p>
 msgid ""
@@ -56,8 +57,8 @@
 msgstr ""
 "今年の感謝祭から、わたしは完å…
¨ã«Unix互換のソフトウェアシステム、GNU(Gnu's "
 "Not Unix, 
「グヌーはUnixではない」の略)を書き始め、それを使えるå…
¨å“¡ã«ãƒ•ãƒªãƒ¼ã§"
-"&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f1\">[1]</a>渡そうと考えています。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て装"
-"置の貢献がとても必要です。"
+"&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f1\">[1]</a>渡そうと考えています。時間、お"
+"金、プログラム、そして装置の貢献がとても必要です。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -254,6 +255,7 @@
 
 #. TRANSLATORS: Don't translate anything except the headers.
 #. type: Content of: <div><div><pre>
+#, no-wrap
 msgid ""
 "From 
CSvax:pur-ee:inuxc!ixn5c!ihnp4!houxm!mhuxi!eagle!mit-vax!mit-eddie!RMS@MIT-OZ\n"
 "From: RMS%MIT-OZ@mit-eddie\n"
@@ -465,11 +467,11 @@
 "of GNU should always be distributed at little or no charge.  That was never "
 "the intent."
 msgstr ""
-"<em>ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。</em>この意図は、誰しもが、GNU"
-"システムを使う<b>許可</b>のために支払う必
要がない、ということでした。しかし、"
-"この言葉はこれに関して明確ではなく、人々は多くのå 
´åˆã“れを、GNUのコピーは、常"
-"に、ほとんど料金を取らないか無償でé…
å¸ƒã™ã‚‹ã¹ãã¨è¨€ã£ã¦ã„る、と解釈しました。"
-"これは決してその意図ではありませんでした。"
+"<em>ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。</em>この意図は、誰し"
+"もが、GNUシステムを使う<b>許可</b>のために支払う必
要がない、ということでし"
+"た。しかし、この言葉はこれに関して明確ではなく、人々
は多くの場合これを、GNUの"
+"コピーは、常に、ほとんど料金を取らないか無償でé…
å¸ƒã™ã‚‹ã¹ãã¨è¨€ã£ã¦ã„る、と解"
+"釈しました。これは決してその意図ではありませんでした。"
 
 #. TRANSLATORS: Use space (SPC) as msgstr if you don't have notes.
 #. type: Content of: <div>

Index: gnu/po/linux-and-gnu.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/linux-and-gnu.ja-en.html,v
retrieving revision 1.39
retrieving revision 1.40
diff -u -b -r1.39 -r1.40
--- gnu/po/linux-and-gnu.ja-en.html     1 Nov 2021 02:29:18 -0000       1.39
+++ gnu/po/linux-and-gnu.ja-en.html     1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.40
@@ -1,12 +1,20 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
 <!-- Parent-Version: 1.96 -->
 <!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnulinux" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 <title>Linux and GNU
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+--></style>
 <meta http-equiv="Keywords" content="GNU, FSF, Free Software Foundation, 
Linux, Emacs, GCC, Unix, Free Software, Operating System, GNU Kernel, HURD, GNU 
HURD, Hurd" />
 <meta http-equiv="Description" content="Since 1983, developing the free Unix 
style operating system GNU, so that computer users can have the freedom to 
share and improve the software they use." />
 <!--#include virtual="/gnu/po/linux-and-gnu.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
 <div class="article reduced-width">
 <h2>Linux and the GNU System</h2>
 
@@ -109,11 +117,11 @@
 to make it one.  We made a list of the programs needed to make
 a <em>complete</em> free system, and we systematically found, wrote,
 or found people to write everything on the list.  We wrote essential
-but unexciting
-<a href="#unexciting">(1)</a> components because you can't have a system
+but unexciting&#8239;<a class="ftn" href="#unexciting">[1]</a> components
+because you can't have a system
 without them.  Some of our system components, the programming tools,
 became popular on their own among programmers, but we wrote many
-components that are not tools  <a href="#nottools">(2)</a>.  We even
+components that are not tools&#8239;<a class="ftn" href="#nottools">[2]</a>.  
We even
 developed a chess game, GNU Chess, because a complete system needs
 games too.</p>
 
@@ -131,13 +139,13 @@
 Once Torvalds freed Linux in 1992, it fit into the last major gap in
 the GNU system.  People could
 then <a 
href="https://ftp.funet.fi/pub/linux/historical/kernel/old-versions/RELNOTES-0.01";>
-combine Linux with the GNU system</a> to make a complete free system
-&mdash; a version of the GNU system which also contained Linux.  The
+combine Linux with the GNU system</a> to make a complete free system&mdash;a
+version of the GNU system which also contained Linux.  The
 GNU/Linux system, in other words.</p>
 
 <p>
 Making them work well together was not a trivial job.  Some GNU
-components<a href="#somecomponents">(3)</a> needed substantial change
+components&#8239;<a class="ftn" href="#somecomponents">[3]</a> needed 
substantial change
 to work with Linux.  Integrating a complete system as a distribution
 that would work &ldquo;out of the box&rdquo; was a big job, too.  It
 required addressing the issue of how to install and boot the
@@ -183,8 +191,8 @@
 
 <p>
 If you want to make a link on &ldquo;GNU/Linux&rdquo; for further
-reference, this page and <a href="/gnu/the-gnu-project.html">
-https://www.gnu.org/gnu/the-gnu-project.html</a> are good choices.  If
+reference, this page and <a href="/gnu/thegnuproject.html">
+https://www.gnu.org/gnu/thegnuproject.html</a> are good choices.  If
 you mention Linux, the kernel, and want to add a link for further
 reference, <a href="https://foldoc.org/linux";>https://foldoc.org/linux</a> 
 is a good URL to use.</p>
@@ -197,7 +205,7 @@
 a free Unix-like operating system.  This system is known as BSD, and
 it was developed at UC Berkeley.  It was nonfree in the 80s, but
 became free in the early 90s.  A free operating system that exists
-today<a href="#newersystems">(4)</a> is almost certainly either a
+today&#8239;<a class="ftn" href="#newersystems">[4]</a> is almost certainly 
either a
 variant of the GNU system, or a kind of BSD system.</p>
 
 <p>
@@ -209,8 +217,8 @@
 system and its variants use some BSD programs; however, taken as
 wholes, they are two different systems that evolved separately.  The
 BSD developers did not write a kernel and add it to the GNU system,
-and a name like GNU/BSD would not fit the situation.<a
-href="#gnubsd">(5)</a></p>
+and a name like GNU/BSD would not fit the situation&#8239;<a class="ftn"
+href="#gnubsd">[5]</a>.</p>
 <div class="column-limit"></div>
 
 <h3 class="footnote">Footnotes</h3>
@@ -304,7 +312,7 @@
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2021/11/01 02:29:18 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>

Index: gnu/po/linux-and-gnu.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/linux-and-gnu.ja.po,v
retrieving revision 1.67
retrieving revision 1.68
diff -u -b -r1.67 -r1.68
--- gnu/po/linux-and-gnu.ja.po  1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.67
+++ gnu/po/linux-and-gnu.ja.po  1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.68
@@ -230,8 +230,10 @@
 "ンブラやリンカといった、重要だ
があまりエキサイティングではない<a href="
 
"\"#unexciting\">(1)</a>コンポーネントを書きました。それら無しではシステãƒ
 ã¯ã‚"
 "りえないからです。システム
・コンポーネントのいくつか、プログラミング・ツール"
-"は、プログラマの間でそれ自身、人気が出ました。しかし、ツールではない&#8239;<a
 class=\"ftn\" 
href=\"#nottools\">[2]</a>たくさんのコンポーネントもわたしたちは書きました。チェス"
-"のゲーム、GNU Chessも開発しました。完全なシステム
にはゲームも必要ですから。"
+"は、プログラマの間でそれ自身、人気が出ました。しかし、ツールではない&#8239;"
+"<a class=\"ftn\" 
href=\"#nottools\">[2]</a>たくさんのコンポーネントもわたした"
+"ちは書きました。チェスのゲーム、GNU 
Chessも開発しました。完全なシステムには"
+"ゲームも必要ですから。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -278,15 +280,15 @@
 "was surely going to be done by someone."
 msgstr ""
 
"それらを一緒に動くようにするということは、とるにたらない仕事ではありませんで"
-"した。いくつかのGNUのコンポーネント&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#somecomponents\">[3]</a>は、"
-"Linuxとともに動くのに相当な変更が必
要となりました。ディストリビューションとし"
-"て完全なシステム
に統合し、「箱から出してすぐに」使えるとするのも大変な作業で"
-"した。どうシステム
をインストールし、起動するかという問題を扱う必
要があったか"
-"らです。&mdash; そういう段階にまだ
到達していなかったので、それは、わたしたち"
-"がそれまで取り組んだ
ことのなかった問題でした。ですから、様々なシステム
・ディ"
-"ストリビューションを開発した人々
が重要な仕事をたくさんしました。しかし、それ"
-"は、ものごとの本質として、誰かによって必
ずなされなければならない仕事だったの"
-"です。"
+"した。いくつかのGNUのコンポーネント&#8239;<a class=\"ftn\" 
href="
+"\"#somecomponents\">[3]</a>は、Linuxとともに動くのに相当な変更がå¿
…要となりま"
+"した。ディストリビューションとして完全なシステム
に統合し、「箱から出してすぐ"
+"に」使えるとするのも大変な作業でした。どうシステム
をインストールし、起動する"
+"かという問題を扱う必要があったからです。&mdash; 
そういう段階にまだ到達してい"
+"なかったので、それは、わたしたちがそれまで取り組んだ
ことのなかった問題でし"
+"た。ですから、様々なシステム
・ディストリビューションを開発した人々が重要な仕"
+"事をたくさんしました。しかし、それは、ものごとの本質として、誰かによってå¿
…ず"
+"なされなければならない仕事だったのです。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -385,10 +387,9 @@
 
"GNUのほかに、別にプロジェクトがもう一つあり、Unixライクなオペレーティング・シ"
 "ステムを独立に作り上げています。このシステム
はBSDとして知られ、カリフォルニア"
 "大学バークレーæ 
¡ã«ãŠã„て開発されました。80年代にはこれは不自由でしたが、90å¹´"
-"代はじめに自由となりました。今日存在する自由なオペレーティングシステãƒ
 "
-"&#8239;<a class=\"ftn\" href="
-"\"#newersystems\">[4]</a>はGNUシステムの変種か、BSDシステム
の一種と考え"
-"てまず間違いありません。"
+"代はじめに自由となりました。今日存在する自由なオペレーティングシステãƒ
 &#8239;"
+"<a class=\"ftn\" href=\"#newersystems\">[4]</a>はGNUシステム
の変種か、BSDシス"
+"テムの一種と考えてまず間違いありません。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -409,8 +410,8 @@
 "GNUプログラムを使っています。GNUシステム
とその変種がいくつかのBSDソフトウェア"
 "を使っているのと同様に。しかし、å…
¨ä½“から見れば、この二つは別々に進化してきた"
 "ものです。BSDの開発者はカーネルを書き、GNUシステムに加
えたわけではありませ"
-"ん。ですから、GNU/BSDというような名前は状況に則したものではないでしょう。&#8239;<a
 "
-"class=\"ftn\" href=\"#gnubsd\">[5]</a>"
+"ん。ですから、GNU/BSDというような名前は状況に則したものではないでしょう。"
+"&#8239;<a class=\"ftn\" href=\"#gnubsd\">[5]</a>"
 
 #. type: Content of: <div><h3>
 msgid "Footnotes"

Index: gnu/po/manifesto.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/manifesto.ja-en.html,v
retrieving revision 1.5
retrieving revision 1.6
diff -u -b -r1.5 -r1.6
--- gnu/po/manifesto.ja-en.html 3 Jun 2015 01:27:17 -0000       1.5
+++ gnu/po/manifesto.ja-en.html 1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.6
@@ -1,13 +1,25 @@
 <!--#include virtual="/server/header.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
+<!--#set var="TAGS" value="gnu-history" -->
+<!--#set var="DISABLE_TOP_ADDENDUM" value="yes" -->
 <title>The GNU Manifesto
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
+<style type="text/css" media="print,screen"><!--
+a.ftn { font-size: .94em; }
+--></style>
 <!--#include virtual="/gnu/po/manifesto.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<!--#include virtual="/gnu/gnu-breadcrumb.html" -->
+<!--GNUN: OUT-OF-DATE NOTICE-->
+<!--#include virtual="/server/top-addendum.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>The GNU Manifesto</h2>
+<div class="thin"></div>
 
+<div class="introduction">
 <p> The GNU Manifesto (which appears below) was written
-by <a href="http://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> in 1985 to
+by <a href="https://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a> in 1985 to
 ask for support in developing the GNU operating system.  Part of the
 text was taken from the original announcement of 1983.  Through 1987,
 it was updated in minor ways to account for developments; since then,
@@ -20,7 +32,7 @@
 <p>If you want to install the GNU/Linux system, we recommend you use
 one of the <a href="/distros">100% free software GNU/Linux
 distributions</a>.  For how to contribute,
-see <a href="/help/help.html">http://www.gnu.org/help</a>.</p>
+see <a href="/help/help.html">gnu.org/help</a>.</p>
 
 <p>The GNU Project is part of the Free Software Movement, a campaign
 for <a href="/philosophy/free-sw.html">freedom for users of
@@ -29,13 +41,15 @@
 who disagree with the Free Software Movement's ethical values.  They
 use it to promote an
 <a href="/philosophy/open-source-misses-the-point.html">amoral approach</a> to 
the same field.</p>
+<hr class="no-display" />
+</div>
 
 <h3 id="whats-gnu">What's GNU?  Gnu's Not Unix!</h3>
 
 <p>
    GNU, which stands for Gnu's Not Unix, is the name for the complete
 Unix-compatible software system which I am writing so that I can give
-it away free to everyone who can use it.<a href="#f1">(1)</a> Several
+it away free to everyone who can use it&#8239;<a class="ftn" 
href="#f1">[1]</a>. Several
 other volunteers are helping me.  Contributions of time, money,
 programs and equipment are greatly needed.</p>
 
@@ -94,7 +108,7 @@
 decided to put together a sufficient body of free software so that I
 will be able to get along without any software that is not free.  I
 have resigned from the AI Lab to deny MIT any legal excuse to prevent
-me from giving GNU away.<a href="#f2a">(2)</a></p>
+me from giving GNU away&#8239;<a class="ftn" href="#f2a">[2]</a>.</p>
 
 <h3 id="compatible">Why GNU Will Be Compatible with Unix</h3>
 
@@ -143,7 +157,7 @@
 
 <h3 id="contribute">How You Can Contribute</h3>
 
-<blockquote>
+<div class="comment">
 <p>
 (Nowadays, for software tasks to work on, see the <a
 href="http://fsf.org/campaigns/priority-projects";>High Priority Projects
@@ -152,7 +166,7 @@
 ways to help, see <a href="/help/help.html">the guide to helping
 the GNU operating system</a>.)
 </p>
-</blockquote>
+</div>
 
 <p>
    I am asking computer manufacturers for donations of machines and
@@ -191,7 +205,7 @@
 
 <p>
    Once GNU is written, everyone will be able to obtain good system
-software free, just like air.<a href="#f2">(3)</a></p>
+software free, just like air&#8239;<a class="ftn" href="#f2">[3]</a>.</p>
 
 <p>
    This means much more than just saving everyone the price of a Unix
@@ -237,18 +251,19 @@
 
 <h3 id="rebutted-objections">Some Easily Rebutted Objections to GNU's 
Goals</h3>
 
-<p id="support">
+<dl>
+<dt id="support">
 <strong>&ldquo;Nobody will use it if it is free, because that means
-they can't rely on any support.&rdquo;</strong></p>
+they can't rely on any support.&rdquo;</strong></dt>
 
-<p>
+<dt>
 <strong>&ldquo;You have to charge for the program to pay for providing
-the support.&rdquo;</strong></p>
-
+the support.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    If people would rather pay for GNU plus service than get GNU free
 without service, a company to provide just service to people who have
-obtained GNU free ought to be profitable.<a href="#f3">(4)</a></p>
+obtained GNU free ought to be profitable&#8239;<a class="ftn" 
href="#f3">[4]</a>.</p>
 
 <p>
    We must distinguish between support in the form of real programming
@@ -279,15 +294,15 @@
 will compete in quality and price; users will not be tied to any
 particular one.  Meanwhile, those of us who don't need the service
 should be able to use the program without paying for the service.</p>
+</dd>
 
-<p id="advertising">
+<dt id="advertising">
 <strong>&ldquo;You cannot reach many people without advertising, and
-you must charge for the program to support that.&rdquo;</strong></p>
-
-<p>
+you must charge for the program to support that.&rdquo;</strong></dt>
+<dt>
 <strong>&ldquo;It's no use advertising a program people can get
-free.&rdquo;</strong></p>
-
+free.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    There are various forms of free or very cheap publicity that can be
 used to inform numbers of computer users about something like GNU.  But
@@ -301,12 +316,13 @@
    On the other hand, if many people get GNU from their friends, and
 such companies don't succeed, this will show that advertising was not
 really necessary to spread GNU.  Why is it that free market advocates
-don't want to let the free market decide this?<a href="#f4">(5)</a></p>
+don't want to let the free market decide this?&#8239;<a class="ftn" 
href="#f4">[5]</a></p>
+</dd>
 
-<p id="competitive">
+<dt id="competitive">
 <strong>&ldquo;My company needs a proprietary operating system to get
-a competitive edge.&rdquo;</strong></p>
-
+a competitive edge.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    GNU will remove operating system software from the realm of
 competition.  You will not be able to get an edge in this area, but
@@ -319,23 +335,25 @@
 
 <p>
    I would like to see GNU development supported by gifts from many
-manufacturers and users, reducing the cost to each.<a href="#f5">(6)</a></p>
+manufacturers and users, reducing the cost to each&#8239;<a class="ftn" 
href="#f5">[6]</a>.</p>
+</dd>
 
-<p id="deserve">
+<dt id="deserve">
 <strong>&ldquo;Don't programmers deserve a reward for their
-creativity?&rdquo;</strong></p>
-
+creativity?&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    If anything deserves a reward, it is social contribution.
 Creativity can be a social contribution, but only in so far as society
 is free to use the results.  If programmers deserve to be rewarded for
 creating innovative programs, by the same token they deserve to be
 punished if they restrict the use of these programs.</p>
+</dd>
 
-<p id="reward">
+<dt id="reward">
 <strong>&ldquo;Shouldn't a programmer be able to ask for a reward for
-his creativity?&rdquo;</strong></p>
-
+his creativity?&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    There is nothing wrong with wanting pay for work, or seeking to
 maximize one's income, as long as one does not use means that are
@@ -358,10 +376,11 @@
 to do so.  Specifically, the desire to be rewarded for one's creativity
 does not justify depriving the world in general of all or part of that
 creativity.</p>
+</dd>
 
-<p id="starve">
-<strong>&ldquo;Won't programmers starve?&rdquo;</strong></p>
-
+<dt id="starve">
+<strong>&ldquo;Won't programmers starve?&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    I could answer that nobody is forced to be a programmer.  Most of us
 cannot manage to get any money for standing on the street and making
@@ -381,7 +400,7 @@
 
 <p>
    Restricting copying is not the only basis for business in software.
-It is the most common basis<a href="#f8">(7)</a> because it brings in
+It is the most common basis&#8239;<a class="ftn" href="#f8">[7]</a> because it 
brings in
 the most money.  If it
 were prohibited, or rejected by the customer, software business would
 move to other bases of organization which are now used less often.
@@ -394,11 +413,12 @@
 now do.  If programmers made the same, that would not be an injustice
 either.  (In practice they would still make considerably more than
 that.)</p>
+</dd>
 
-<p id="right-to-control">
+<dt id="right-to-control">
 <strong>&ldquo;Don't people have a right to control how their
-creativity is used?&rdquo;</strong></p>
-
+creativity is used?&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
 &ldquo;Control over the use of one's ideas&rdquo; really constitutes
 control over other people's lives; and it is usually used to make
@@ -406,7 +426,7 @@
 
 <p>
    People who have studied the issue of intellectual property
-rights<a href="#f6">(8)</a> carefully (such as lawyers) say that there
+rights&#8239;<a class="ftn" href="#f6">[8]</a> carefully (such as lawyers) say 
that there
 is no intrinsic right to intellectual property.  The kinds of supposed
 intellectual property rights that the government recognizes were
 created by specific acts of legislation for specific purposes.</p>
@@ -448,11 +468,12 @@
 which a person who enforces a copyright is harming society as a whole
 both materially and spiritually; in which a person should not do so
 regardless of whether the law enables him to.</p>
+</dd>
 
-<p id="competition">
+<dt id="competition">
 <strong>&ldquo;Competition makes things get done
-better.&rdquo;</strong></p>
-
+better.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    The paradigm of competition is a race: by rewarding the winner, we
 encourage everyone to run faster.  When capitalism really works this
@@ -468,11 +489,12 @@
 to object to fights; he just regulates them (&ldquo;For every ten
 yards you run, you can fire one shot&rdquo;).  He really ought to
 break them up, and penalize runners for even trying to fight.</p>
+</dd>
 
-<p id="stop-programming">
+<dt id="stop-programming">
 <strong>&ldquo;Won't everyone stop programming without a monetary
-incentive?&rdquo;</strong></p>
-
+incentive?&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    Actually, many people will program with absolutely no monetary
 incentive.  Programming has an irresistible fascination for some
@@ -503,18 +525,20 @@
 will come to expect and demand it.  Low-paying organizations do poorly
 in competition with high-paying ones, but they do not have to do badly
 if the high-paying ones are banned.</p>
+</dd>
 
-<p id="desperate">
+<dt id="desperate">
 <strong>&ldquo;We need the programmers desperately.  If they demand
-that we stop helping our neighbors, we have to obey.&rdquo;</strong></p>
-
+that we stop helping our neighbors, we have to obey.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    You're never so desperate that you have to obey this sort of demand.
 Remember: millions for defense, but not a cent for tribute!</p>
+</dd>
 
-<p id="living">
-<strong>&ldquo;Programmers need to make a living somehow.&rdquo;</strong></p>
-
+<dt id="living">
+<strong>&ldquo;Programmers need to make a living somehow.&rdquo;</strong></dt>
+<dd>
 <p>
    In the short run, this is true.  However, there are plenty of ways
 that programmers could make a living without selling the right to use a
@@ -533,7 +557,7 @@
 
 <p>
    People with new ideas could distribute programs as
-freeware<a href="#f7">(9)</a>, asking for donations from satisfied
+freeware&#8239;<a class="ftn" href="#f7">[9]</a>, asking for donations from 
satisfied
 users, or selling handholding services.  I have met people who are
 already working this way successfully.</p>
 
@@ -570,6 +594,10 @@
 <li>Users who care which projects their share is spent on can
           choose this for themselves.</li>
 </ul>
+</dd>
+</dl>
+<div class="column-limit"></div>
+
 <p>
    In the long run, making programs free is a step toward the
 postscarcity world, where nobody will have to work very hard just to
@@ -588,9 +616,9 @@
 competition.  Free software will greatly reduce these drains in the
 area of software production.  We must do this, in order for technical
 gains in productivity to translate into less work for us.</p>
+<div class="column-limit"></div>
 
-
-<h3 id="footnotes">Footnotes</h3>
+<h3 id="footnotes" class="footnote">Footnotes</h3>
 
 <!-- The anchors do not match the actual footnote numbers because of
      revisions over time.  And if a new footnote is added, the references
@@ -619,7 +647,7 @@
 Words and Phrases</a>&rdquo; for more explanation.</li>
 
 <li id="f2">This is another place I failed to distinguish
-carefully between the two different meanings of &ldquo;free&rdquo;.
+carefully between the two different meanings of &ldquo;free.&rdquo;
 The statement as it stands is not false&mdash;you can get copies of GNU
 software at no charge, from your friends or over the net.  But it does
 suggest the wrong idea.</li>
@@ -629,7 +657,7 @@
 <li id="f4">Although it is a
 charity rather than a company, the Free Software Foundation for 10 years raised
 most of its funds from its distribution service.  You
-can <a href="/order/order.html">order things from the FSF</a>
+can <a href="https://shop.fsf.org/";>order things from the FSF</a>
 to support its work.
 </li>
 
@@ -648,7 +676,7 @@
 
 <li id="f6">In the 1980s I had not yet realized how confusing
 it was to speak of &ldquo;the issue&rdquo; of &ldquo;intellectual
-property&rdquo;.  That term is obviously biased; more subtle is the
+property.&rdquo;  That term is obviously biased; more subtle is the
 fact that it lumps together various disparate laws which raise very
 different issues.  Nowadays I urge people to reject the term
 &ldquo;intellectual property&rdquo; entirely, lest it lead others to
@@ -658,7 +686,7 @@
 this term spreads confusion and bias.</li>
 
 <li id="f7">Subsequently we learned to distinguish
-between &ldquo;free software&rdquo; and &ldquo;freeware&rdquo;.  The
+between &ldquo;free software&rdquo; and &ldquo;freeware.&rdquo;  The
 term &ldquo;freeware&rdquo; means software you are free to
 redistribute, but usually you are not free to study and change the
 source code, so most of it is not free software.  See
@@ -666,10 +694,11 @@
 Words and Phrases</a>&rdquo; for more explanation.</li>
 
 </ol>
+</div>
 
 </div><!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>Please send general FSF &amp; GNU inquiries to
@@ -687,13 +716,13 @@
         to <a href="mailto:web-translators@gnu.org";>
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 Please see the <a
 href="/server/standards/README.translations.html">Translations
-README</a> for information on coordinating and submitting translations
+README</a> for information on coordinating and contributing translations
 of this article.</p>
 </div>
 
@@ -714,7 +743,7 @@
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
 
-<p>Copyright &copy; 1985, 1993, 2003, 2005, 2007, 2008, 2009, 2010, 2014, 2015
+<p>Copyright &copy; 1985, 1993, 2004, 2005, 2007, 2009, 2010, 2015, 2021
 Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>
@@ -731,10 +760,10 @@
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2015/06/03 01:27:17 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
-</div>
+</div><!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>

Index: gnu/po/manifesto.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/manifesto.ja.po,v
retrieving revision 1.31
retrieving revision 1.32
diff -u -b -r1.31 -r1.32
--- gnu/po/manifesto.ja.po      1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.31
+++ gnu/po/manifesto.ja.po      1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.32
@@ -87,8 +87,9 @@
 msgstr ""
 "GNU、それはGnuはUnixではない(Gnu's Not 
Unix)を表しますが、わたしが「フリー」"
 "に渡し、誰もが使えるように、書いている完å…
¨ãªUnix互換のソフトウェア・システム"
-"の名称です&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f1\">[1]</a>。何人かのほかのボランティアがわたしを助け"
-"てくれます。時間、お金、プログラム
、そして機器の貢献が大いに必要です。"
+"の名称です&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f1\">[1]</a>。何人かのほかのボラン"
+"ティアがわたしを助けてくれます。時間、お金、プログラãƒ
 ã€ãã—て機器の貢献が大"
+"いに必要です。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -197,8 +198,8 @@
 
"屈辱なしにコンピュータを使うことを続けられるために、わたしは、十分な自由ソフ"
 
"トウェアをひとそろい、まとめることを決意しました。そうして、どんな自由でない"
 
"ソフトウェアなしでもやっていけるように、です。わたしはAIラボを辞して、わたし"
-"がGNUを渡すのを禁じる、どんな法的理由もMITに与えませんでした&#8239;"
-"<a class=\"ftn\" href=\"#f2a\">[2]</a>。"
+"がGNUを渡すのを禁じる、どんな法的理由もMITに与えませんでした&#8239;<a
 class="
+"\"ftn\" href=\"#f2a\">[2]</a>。"
 
 #. type: Content of: <div><h3>
 msgid "Why GNU Will Be Compatible with Unix"
@@ -377,7 +378,8 @@
 "free, just like air&#8239;<a class=\"ftn\" href=\"#f2\">[3]</a>."
 msgstr ""
 "一旦、GNUが書かれたら、すべての人が良いシステム
ソフトウェアを、ちょうど空気の"
-"ように、自由に得ることが出来るのです&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f2\">[3]</a>。"
+"ように、自由に得ることが出来るのです&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f2\">[3]"
+"</a>。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -589,7 +591,8 @@
 msgstr ""
 
"一方、多くの人がGNUをその友達から得て、そのような会社が成功しないå
 ´åˆã€GNUを"
 "広めるのに実際は広告は必
要ないことを示すでしょう。自由市場の擁護者は自由市場"
-"がこれを決めるようにしたいと思わないのはなぜでしょうか?&#8239;<a
 class=\"ftn\" href=\"#f4\">[5]</a>"
+"がこれを決めるようにしたいと思わないのはなぜでしょうか?&#8239;<a
 class=\"ftn"
+"\" href=\"#f4\">[5]</a>"
 
 #. type: Content of: <div><dl><dt>
 msgid ""
@@ -741,11 +744,11 @@
 "kind of business."
 msgstr ""
 "コピーをすることを制限することだ
けが、ソフトウェアのビジネスの基礎ではありま"
-"せん。それがほとんどのお金を持ってくるので、これは、もっともよくある基礎&#8239;<a
 class=\"ftn\" href=\"#f8\">[7]</a>"
-"です。それがもし禁止されているå 
´åˆã€ã‚るいは、顧客から拒"
-"否されるå 
´åˆã€ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ“ジネスは、今はあまり用いられていない、ほかの組"
-"織化の基礎へと移行するでしょう。いろいろなビジネスを組織するたくさんの方法が"
-"常にあります。"
+"せん。それがほとんどのお金を持ってくるので、これは、もっともよくある基礎"
+"&#8239;<a class=\"ftn\" 
href=\"#f8\">[7]</a>です。それがもし禁止されている場"
+"合、あるいは、顧客から拒否されるå 
´åˆã€ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ“ジネスは、今はあまり用"
+"いられていない、ほかの組織化の基礎へと移行するでしょう。いろいろなビジネスを"
+"組織するたくさんの方法が常にあります。"
 
 #. type: Content of: <div><dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -787,11 +790,10 @@
 "intellectual property rights that the government recognizes were created by "
 "specific acts of legislation for specific purposes."
 msgstr ""
-"知的財産権&#8239;<a "
-"class=\"ftn\" href=\"#f6\">[8]</a>の問題を慎重に研究した人々
(法律家のように)"
-"は、知的財産には本来備わっている権利はない、と言います。政府が認識する、信じ"
-"られている類の知的財産権は、特定の目的のための特定の法律によって作られたもの"
-"です。"
+"知的財産権&#8239;<a class=\"ftn\" href=\"#f6\">[8]</a>の問題をæ…
Žé‡ã«ç ”究した"
+"人々
(法律家のように)は、知的財産には本来備わっている権利はない、と言います。"
+"政府が認識する、信じられている類の知的財産権は、特定の目的のための特定の法律"
+"によって作られたものです。"
 
 #. type: Content of: <div><dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1022,11 +1024,10 @@
 "selling handholding services.  I have met people who are already working "
 "this way successfully."
 msgstr ""
-"新しいアイデアを持った人々は、プログラム
をフリーウェア&#8239;<a class="
-"\"ftn\" href=\"#f7\">[9]</a>"
-"としてé…
å¸ƒã—て、満足したユーザに寄付をお願いしたり、取扱いサービスを販売でき"
-"るでしょう。わたしは、この方法で働くことにすでに成功している人ã€
…に会ったこと"
-"があります。"
+"新しいアイデアを持った人々は、プログラム
をフリーウェア&#8239;<a class=\"ftn"
+"\" href=\"#f7\">[9]</a>としてé…
å¸ƒã—て、満足したユーザに寄付をお願いしたり、取"
+"扱いサービスを販売できるでしょう。わたしは、この方法で働くことにすでに成功し"
+"ている人々に会ったことがあります。"
 
 #. type: Content of: <div><dl><dd><p>
 msgid ""
@@ -1196,8 +1197,8 @@
 msgstr ""
 "会社ではなくæ…
ˆå–„団体ですが、フリーソフトウェアファウンデーションは10年の間、"
 "その資金のほとんどをé…
å¸ƒã‚µãƒ¼ãƒ“スから得ていました。あなたは、その仕事を支持す"
-"るために、<a 
href=\"https://shop.fsf.org/\";>FSFのものを注文する</a>ことができま"
-"す。"
+"るために、<a 
href=\"https://shop.fsf.org/\";>FSFのものを注文する</a>ことができ"
+"ます。"
 
 #. type: Content of: <div><ol><li>
 msgid ""

Index: gnu/po/pronunciation.ja-en.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/pronunciation.ja-en.html,v
retrieving revision 1.2
retrieving revision 1.3
diff -u -b -r1.2 -r1.3
--- gnu/po/pronunciation.ja-en.html     16 May 2014 17:28:44 -0000      1.2
+++ gnu/po/pronunciation.ja-en.html     1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.3
@@ -1,18 +1,20 @@
-<!--#include virtual="/server/html5-header.html" -->
-<!-- Parent-Version: 1.77 -->
+<!--#include virtual="/server/header.html" -->
+<!-- Parent-Version: 1.96 -->
+<!-- This page is derived from /server/standards/boilerplate.html -->
 <title>How To Pronounce GNU
 - GNU Project - Free Software Foundation</title>
 <!--#include virtual="/gnu/po/pronunciation.translist" -->
 <!--#include virtual="/server/banner.html" -->
+<div class="article reduced-width">
 <h2>How To Pronounce GNU</h2>
 
 <p>The name &ldquo;GNU&rdquo; is a recursive acronym for &ldquo;GNU's Not 
-Unix!&rdquo;; it is pronounced as one syllable with a hard g, like
-&ldquo;grew&rdquo; but with the letter &ldquo;n&rdquo; instead of
-&ldquo;r&rdquo;.</p>
+Unix!&rdquo;; it is pronounced as one syllable with a hard <i>g</i>, like
+&ldquo;grew&rdquo; but with the letter <i>n</i> instead of
+<i>r</i>.</p>
 
 <p>
-This is a recording of <a href="http://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a>
+This is a recording of <a href="https://www.stallman.org/";>Richard Stallman</a>
 saying &ldquo;GNU&rdquo; and another with a short explanation about how GNU
 was named:
 </p>
@@ -30,22 +32,26 @@
 <p>The combination of <a href="/gnu/linux-and-gnu.html">GNU and
 Linux</a> is the <strong>GNU/Linux operating system</strong>, now used
 by millions and sometimes incorrectly called simply
-&ldquo;Linux&rdquo;.</p>
+&ldquo;Linux.&rdquo;</p>
 <p>For more detailed information and history of the GNU
 Operating System visit 
-<a href="/gnu/">http://www.gnu.org/gnu/</a></p>
+<a href="/gnu/">gnu.org/gnu/</a></p>
 
+<div class="infobox" role="complementary">
+<hr />
 <h3 id="license">License Of The Recordings</h3>
 
-<p>Copyright (C) 2001 Richard M. Stallman</p>
+<p>Copyright &copy; 2001 Richard Stallman</p>
 
 <p>These recordings are licensed under a <a rel="license"
 href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/";>Creative
 Commons Attribution-NoDerivs 3.0 United States License</a>.</p>
+</div>
+</div>
 
 </div><!-- for id="content", starts in the include above -->
 <!--#include virtual="/server/footer.html" -->
-<div id="footer">
+<div id="footer" role="contentinfo">
 <div class="unprintable">
 
 <p>Please send general FSF &amp; GNU inquiries to
@@ -63,19 +69,19 @@
         to <a href="mailto:web-translators@gnu.org";>
         &lt;web-translators@gnu.org&gt;</a>.</p>
 
-        <p>For information on coordinating and submitting translations of
+        <p>For information on coordinating and contributing translations of
         our web pages, see <a
         href="/server/standards/README.translations.html">Translations
         README</a>. -->
 Please see the <a
 href="/server/standards/README.translations.html">Translations
-README</a> for information on coordinating and submitting translations
+README</a> for information on coordinating and contributing translations
 of this article.</p>
 </div>
 
 <!-- Regarding copyright, in general, standalone pages (as opposed to
      files generated as part of manuals) on the GNU web server should
-     be under CC BY-ND 3.0 US.  Please do NOT change or remove this
+     be under CC BY-ND 4.0.  Please do NOT change or remove this
      without talking with the webmasters or licensing team first.
      Please make sure the copyright date is consistent with the
      document.  For web pages, it is ok to list just the latest year the
@@ -90,21 +96,20 @@
      There is more detail about copyright years in the GNU Maintainers
      Information document, www.gnu.org/prep/maintain. -->
 
-<p>Copyright &copy; 2010, 2013, 2014 Free Software Foundation, Inc.</p>
+<p>Copyright &copy; 2010, 2011, 2021 Free Software Foundation, Inc.</p>
 
 <p>This page is licensed under a <a rel="license"
-href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/3.0/us/";>Creative
-Commons Attribution-NoDerivs 3.0 United States License</a>.</p>
+href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/";>Creative
+Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International License</a>.</p>
 
 <!--#include virtual="/server/bottom-notes.html" -->
 
 <p class="unprintable">Updated:
 <!-- timestamp start -->
-$Date: 2014/05/16 17:28:44 $
+$Date: 2021/12/01 02:59:07 $
 <!-- timestamp end -->
 </p>
 </div>
-</div>
+</div><!-- for class="inner", starts in the banner include -->
 </body>
 </html>
-

Index: gnu/po/pronunciation.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/pronunciation.ja.po,v
retrieving revision 1.6
retrieving revision 1.7
diff -u -b -r1.6 -r1.7
--- gnu/po/pronunciation.ja.po  1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.6
+++ gnu/po/pronunciation.ja.po  1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.7
@@ -31,7 +31,8 @@
 "grew&rdquo; but with the letter <i>n</i> instead of <i>r</i>."
 msgstr ""
 "&ldquo;GNU&rdquo;は、&ldquo;GNU's Not 
Unix&rdquo;(GNUはUnixではない)の再帰頭"
-"字語です。/g/で始まる一音節で、&ldquo;grew&rdquo; 
のように(しかし、<i>r</i> を<i>n</i> に代えて) 
<em>グヌー</em>[ˈgnuː]と発音します。"
+"字語です。/g/で始まる一音節で、&ldquo;grew&rdquo; 
のように(しかし、<i>r</i> "
+"を<i>n</i> に代えて) <em>グヌー</em>[ˈgnuː]と発音します。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -39,9 +40,9 @@
 "Stallman</a> saying &ldquo;GNU&rdquo; and another with a short explanation "
 "about how GNU was named:"
 msgstr ""
-"こちらは、<a 
href=\"https://www.stallman.org/\";>リチャード・ストールマン</a>が"
-"&ldquo;GNU&rdquo;と言っている録音と、どのようにしてGNUが名づけられたかについ"
-"て説明している録音です:"
+"こちらは、<a 
href=\"https://www.stallman.org/\";>リチャード・ストールマン</a>"
+"が&ldquo;GNU&rdquo;と言っている録音と、どのようにしてGNUが名づけられたかにつ"
+"いて説明している録音です:"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid "<strong>How to say &ldquo;GNU&rdquo;:</strong>"

Index: gnu/po/rms-lisp.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/gnu/po/rms-lisp.ja.po,v
retrieving revision 1.25
retrieving revision 1.26
diff -u -b -r1.25 -r1.26
--- gnu/po/rms-lisp.ja.po       1 Dec 2021 02:53:32 -0000       1.25
+++ gnu/po/rms-lisp.ja.po       1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.26
@@ -169,15 +169,15 @@
 "facilities; I think that Lisp got its unwind-protect facility from TECO."
 msgstr ""
 "まぁ、人々
がこの言語にプログラミングの機能を拡張したがり、いくつか足しまし"
-"た。たとえば、最初のものは、ループ構造で、<code>&lt; 
&gt;</code>でした。これを、あるもの"
-"の回りに置くと、それがループとなりました。そのほか、ループから条件脱出するの"
-"に使われる暗号のようなコマンドがありました。Emacsを作るのに、わたしたち"
-"&#8239;<a href=\"#foot-1\">[1]"
-"</a>は、名前付きのサブルーチンを持つような機能を追加
しま"
-"した。それ以前は、Basicのようなもので、サブルーチンはその名前に一つの文字しか"
-"持てなかったのです。これでは大きなプログラム
をプログラムするのには大変で、長"
-"い名前を持てるようにコードを追加
したのです。実際、洗練された機能もいくつかあ"
-"りました。わたしは、LispはTECOからunwind-protectの機能を採ったと思います。"
+"た。たとえば、最初のものは、ループ構造で、<code>&lt; 
&gt;</code>でした。これ"
+"を、あるものの回りに置くと、それがループとなりました。そのほか、ループから条"
+"件脱出するのに使われる暗号のようなコマンドがありました。Emacsを作るのに、わた"
+"したち&#8239;<a 
href=\"#foot-1\">[1]</a>は、名前付きのサブルーチンを持つよう"
+"な機能を追加
しました。それ以前は、Basicのようなもので、サブルーチンはその名前"
+"に一つの文字しか持てなかったのです。これでは大きなプログラãƒ
 ã‚’プログラムする"
+"のには大変で、長い名前を持てるようにコードを追加
したのです。実際、洗練された"
+"機能もいくつかありました。わたしは、LispはTECOからunwind-protectの機能を採っ"
+"たと思います。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -211,16 +211,16 @@
 "programming, weren't scared off. They read the manual, discovered they could "
 "do useful things and they learned to program."
 msgstr ""
-"こうだと&#8239;<a 
href=\"#foot-2\">[2]</a>発見したのは、バーニー・グリーンバーグでし"
-"た。かれはMultics 
MacLispでEmacsのあるバージョンを書き、まっすぐなやり方で、"
-"かれのコマンドをMacLispで書きました。エディタ自身がå…
¨ä½“ã‚’Lispで書かれたので"
-"す。Multics 
Emacsは、大変な成功を収めました。新しいエディティングのコマンドを"
-"プログラミングするのがあまりに便利で、かれのオフィスの秘書でさえ、それの使い"
-"方を学習しだ
したのです。Emacsの拡張の仕方を示すのに誰かが書いたマニュアルを"
-"使っていました。それには、しかし、それがプログラミングであるとは述べられてい"
-"ませんでした。ですから、秘書は、プログラミングはできないと思い込んでいて、怖"
-"がらなかったのです。マニュアルを読んで、有用な事ができることを発見し、プログ"
-"ラムすることを学習したのです。"
+"こうだと&#8239;<a 
href=\"#foot-2\">[2]</a>発見したのは、バーニー・グリーン"
+"バーグでした。かれはMultics 
MacLispでEmacsのあるバージョンを書き、まっすぐな"
+"やり方で、かれのコマンドをMacLispで書きました。エディタ自身がå
…¨ä½“ã‚’Lispで書か"
+"れたのです。Multics 
Emacsは、大変な成功を収めました。新しいエディティングのコ"
+"マンドをプログラミングするのがあまりに便利で、かれのオフィスの秘書でさえ、そ"
+"れの使い方を学習しだ
したのです。Emacsの拡張の仕方を示すのに誰かが書いたマニュ"
+"アルを使っていました。それには、しかし、それがプログラミングであるとは述べら"
+"れていませんでした。ですから、秘書は、プログラミングはできないと思い込んでい"
+"て、怖がらなかったのです。マニュアルを読んで、有用な事ができることを発見し、"
+"プログラムすることを学習したのです。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -473,11 +473,11 @@
 
"この会社がどのようであるべきかについて、二つの異なる考えがありました。グリー"
 
"ンブラットは、「ハッカー」会社とかれが呼ぶものを始めたかったのです。これは、"
 
"ハッカーによって運営される会社で、ハッカーの助けとなる方法で運営されることを"
-"意味しました。もう一つの目標は、AIラボの文化&#8239;"
-"<a class=\"ftn\" href=\"#foot-3\">[3]</a>を維持"
-"することでした。残念ながら、グリーンブラットはビジネスの経験がなく、Lispマシ"
-"ンのグループのほかの人々
は、かれが成功できるか疑っていると言いました。かれの"
-"外部からの投資を避ける計画はうまく行かないと考えていたのです。"
+"意味しました。もう一つの目標は、AIラボの文化&#8239;<a 
class=\"ftn\" href="
+"\"#foot-3\">[3]</a>を維持することでした。残念ながら、グリーンブラットはビジネ"
+"スの経験がなく、Lispマシンのグループのほかの人々
は、かれが成功できるか疑って"
+"いると言いました。かれの外部からの投資を避ける計画はうまく行かないと考えてい"
+"たのです。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -582,11 +582,11 @@
 "system. Instead, we'll give you access to Symbolics' Lisp machine system, "
 "and you can run it, but that's all you can do.&rdquo;"
 msgstr ""
-"そうして、シンボリックスはプランを出しました&#8239;<a 
href=\"#foot-4\">[4]</a>。かれ"
-"らはラボに言いました。「システム
へのわたしたちの変更を使用可能とするように続"
-"けます。しかし、その変更をMITLispマシンへå…
¥ã‚Œã‚‹ã“とはできません。代わりに、シ"
-"ンボリックスのLispマシン・システム
へのアクセスを提供し、実行することができま"
-"すが、それがわたしたちができることのすべてです。」"
+"そうして、シンボリックスはプランを出しました&#8239;<a 
href=\"#foot-4\">[4]</"
+"a>。かれらはラボに言いました。「システム
へのわたしたちの変更を使用可能とする"
+"ように続けます。しかし、その変更をMITLispマシンへå…
¥ã‚Œã‚‹ã“とはできません。代わ"
+"りに、シンボリックスのLispマシン・システム
へのアクセスを提供し、実行すること"
+"ができますが、それがわたしたちができることのすべてです。」"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -620,10 +620,10 @@
 
"この時点まで、わたしは、どちらの会社の側にも立っていませんでした。わたしたち"
 
"のコミュニティとソフトウェアに起こったことを見て、惨めでしたが。しかし、今、"
 
"シンボリックスは問題を押し付けてきました。ですから、リスプ・マシン社(LMI)が続"
-"けられるように&#8239;<a 
href=\"#foot-5\">[5]</a>助ける努力として、わたしは、シンボ"
-"リックスがそのLispマシン・システム
に行ったすべての改善を複製する事を始めまし"
-"た。わたしは、同等の改善を自分自身で再度書いたのです(すなわち、コードはわたし"
-"自身のものです)。"
+"けられるように&#8239;<a 
href=\"#foot-5\">[5]</a>助ける努力として、わたしは、"
+"シンボリックスがそのLispマシン・システム
に行ったすべての改善を複製する事を始"
+"めました。わたしは、同等の改善を自分自身で再度書いたのです(すなわち、コードは"
+"わたし自身のものです)。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -632,11 +632,11 @@
 "beta announcement that gave the release notes, I would see what the features "
 "were and then implement them. By the time they had a real release, I did too."
 msgstr ""
-"しばらくして&#8239;<a 
href=\"#foot-6\">[6]</a>、わたしは、かれらのコードを見ないこと"
-"が最善であろうとの結論に至りました。かれらがベータ版のアナウンスをし、リリー"
-"スノートを出したときに、わたしは、その機能が何かを見て、そしてそれを実è£
…する"
-"のです。実際のリリースが行われるときには、わたしも同じようにリリースしまし"
-"た。"
+"しばらくして&#8239;<a 
href=\"#foot-6\">[6]</a>、わたしは、かれらのコードを見"
+"ないことが最善であろうとの結論に至りました。かれらがベータ版のアナウンスを"
+"し、リリースノートを出したときに、わたしは、その機能が何かを見て、そしてそれ"
+"を実装
するのです。実際のリリースが行われるときには、わたしも同じようにリリー"
+"スしました。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -653,8 +653,9 @@
 "するだ
けで何年も、また何年も費やしたくはありませんでした。わたしは、かれら"
 "は、だ
いぶ、すっかり懲らしめられたと考えました。かれらは競争に行き詰まり、競"
 "争相手を去らせたり、消滅
させたりできなかったからです&#8239;<a href="
-"\"#foot-7\">[7]</a>。そうして、新しいコミュニティの構築を始める時が来ました。新しいコミュニ"
-"ティは、かれらやほかの人々
の行動が一掃してしまったものを置き換えるのです。"
+"\"#foot-7\">[7]</a>。そうして、新しいコミュニティの構築を始める時が来ました。"
+"新しいコミュニティは、かれらやほかの人々
の行動が一掃してしまったものを置き換"
+"えるのです。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -745,9 +746,9 @@
 "たとえば、当時、ループを構成するのは&lsquo;while&rsquo;だ
けで、とても単純でし"
 
"た。&lsquo;while&rsquo;文から抜け出す方法はなく、catchとthrowとするか、ループ"
 
"を回る変数をテストしなければなりませんでした。これは、わたしが物事を小さく保"
-"つためにどれだ
け押し込めたかを示します。<code>caar</code>も<code>"
-"cadr</code>などもありませんでした。最初から、「できるだ
け全部を絞り出す」のが"
-"GNU Emacsの精神、Emacs Lispの精神でした。"
+"つためにどれだ
け押し込めたかを示します。<code>caar</code>も<code>cadr</code>"
+"などもありませんでした。最初から、「できるだけå…
¨éƒ¨ã‚’絞り出す」のがGNU Emacsの"
+"精神、Emacs Lispの精神でした。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
 msgid ""
@@ -761,12 +762,12 @@
 "sometimes but I minimize the times when I do that."
 msgstr ""
 
"あきらかに、マシンは今や大きくなり、もはやそのようにわたしたちは行っていませ"
-"ん。<code>caar</code>も<code>cadr<c/ode>などもå…
¥ã‚Œã¾ã—た。今日では、もう一"
-"つのループ構成もå…
¥ã‚Œã‚‹ã‹ã‚‚しれません。いくばくか拡張したいとは思いますが、"
+"ん。<code>caar</code>も<code>cadr<c/ode>などもå…
¥ã‚Œã¾ã—た。今日では、もう一つ"
+"のループ構成もå…
¥ã‚Œã‚‹ã‹ã‚‚しれません。いくばくか拡張したいとは思いますが、"
 "Common 
Lispのレベルまでには拡張したいとは思いません。わたしは、Common
 Lispを"
 "Lispマシンに一度実装
し、それについてすべて幸せというわけではありませんでし"
-"た。ひとつわたしがあまり好みでなかったのは、キーワード引数です&#8239;<a
 "
-"href=\"#foot-8\">[8]</a>。あれは、わたしにはあまりLispらしくありません。わたしは"
+"た。ひとつわたしがあまり好みでなかったのは、キーワード引数です&#8239;<a
 href="
+"\"#foot-8\">[8]</a>。あれは、わたしにはあまりLispらしくありません。わたしは"
 
"キーワード引数をたまに使いますが、使うのは最小にします。"
 
 #. type: Content of: <div><p>
@@ -948,15 +949,14 @@
 "が、あきらかに、もっとå…
ˆã¸ã¨é“は続きます。ですから、あなた方の助けが必要で"
 "す。GNUプロジェクトのためにボランティアをしてくだ
さるよう、お願いします。もっ"
 
"とたくさんの仕事のための自由ソフトウェアを開発するのを手伝ってくã
 ã•ã„。<a "
-"href=\"/help/help.html\">gnu.org/help</a>を見て、どのように手伝えるか提案を"
-"探してください。ものを注文したい場合、ホーム
ページからリンクがあります。理念"
-"の問題について読みたければ、/philosophyを見てくだ
さい。使う自由ソフトウェアを"
-"探す場合は、/directoryを見てくだ
さい。約1900のパッケージが今掲載されています"
-"(存在するすべての自由ソフトウェアの一部です)。もっと書いて、わたしたちに貢献"
-"してください。わたしの小論の本、&ldquo;Free Software and Free 
Society&rdquo;"
-"は売出し中で、www.gnu.orgで購入できます&#8239;<a href="
-"\"#foot-9\">[9]</a>。"
-"どうか、幸福なハッキングを!"
+"href=\"/help/help.html\">gnu.org/help</a>を見て、どのように手伝えるか提案を探"
+"してください。ものを注文したい場合、ホーム
ページからリンクがあります。理念の"
+"問題について読みたければ、/philosophyを見てくだ
さい。使う自由ソフトウェアを探"
+"す場合は、/directoryを見てくだ
さい。約1900のパッケージが今掲載されています(存"
+"在するすべての自由ソフトウェアの一部です)。もっと書いて、わたしたちに貢献して"
+"ください。わたしの小論の本、&ldquo;Free Software and Free 
Society&rdquo;は売"
+"出し中で、www.gnu.orgで購入できます&#8239;<a 
href=\"#foot-9\">[9]</a>。どう"
+"か、幸福なハッキングを!"
 
 #. type: Content of: <div><h3>
 msgid "Footnotes"
@@ -1068,9 +1068,9 @@
 "books-docs/free-software-free-society-selected-essays-richard-m-stallman-3rd-"
 "edition\"> GNU Press</a>."
 msgstr ""
-"2021年、この本は<a href=\"https://shop.fsf.org/";
-"books-docs/free-software-free-society-selected-essays-richard-m-stallman-3rd-"
-"edition\">GNU出版</a>から購入できます。"
+"2021年、この本は<a 
href=\"https://shop.fsf.org/books-docs/free-software-free-";
+"society-selected-essays-richard-m-stallman-3rd-edition\">GNU出版</a>から購å
…¥"
+"できます。"
 
 #. TRANSLATORS: Use space (SPC) as msgstr if you don't have notes.
 #. type: Content of: <div>

Index: server/body-include-1.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/server/body-include-1.ja.html,v
retrieving revision 1.49
retrieving revision 1.50
diff -u -b -r1.49 -r1.50
--- server/body-include-1.ja.html       18 Nov 2021 07:41:03 -0000      1.49
+++ server/body-include-1.ja.html       1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.50
@@ -14,8 +14,7 @@
   <div class="message">
     <p>
       <!--#echo encoding='none' var='fr_link' -->
-Your example can empower users just like you to take important steps towards
-software freedom. Become an FSF associate member by Dec. 31st.  <i>Read more
+あなたが例を示せば、あなたのようなユーザーを力づけ、ソフトウェアの自由に向けて重要な一歩一歩を踏み進められるようになります。12月31日までにFSF賛助会員になろう。<i>もっと読む
 &gt;</i>
     <!--#echo
       encoding='none' var='a_close' -->
@@ -28,7 +27,7 @@
       <!--#set var="d_val" value='<span 
class="percentage">$current_val</span>' -->
 <div class="progress-bar"><!--#echo encoding='none' var="d_val" -->
 </div>
-      <span class="goal">500 Members</span>
+      <span class="goal">500人の会員</span>
     </div>
   </div>
 <!-- .progresswidget -->

Index: server/po/body-include-1.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/server/po/body-include-1.ja.po,v
retrieving revision 1.49
retrieving revision 1.50
diff -u -b -r1.49 -r1.50
--- server/po/body-include-1.ja.po      1 Dec 2021 02:53:34 -0000       1.49
+++ server/po/body-include-1.ja.po      1 Dec 2021 02:59:07 -0000       1.50
@@ -28,9 +28,9 @@
 "software freedom. Become an FSF associate member by Dec. 31st.  <i>Read more "
 "&gt;</i>"
 msgstr ""
-"あなたが例を示せば、あなたのようなユーザーを力づけ、ソフトウェアの自由に向けて"
-"重要な一歩一歩を踏み進められるようになります。"
-"12月31日までにFSF賛助会員になろう。<i>もっと読む &gt;</i>"
+"あなたが例を示せば、あなたのようなユーザーを力づけ、ソフトウェアの自由に向け"
+"て重要な一歩一歩を踏み進められるようになります。12月31日までにFSF賛助会員にな"
+"ろう。<i>もっと読む &gt;</i>"
 
 #. type: Content of: <div><div><div>
 msgid "<span class=\"goal\">500 Members</span>"



reply via email to

[Prev in Thread] Current Thread [Next in Thread]