www-commits
[Top][All Lists]
Advanced

[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

www licenses/fsf-licensing.ja.html licenses/lic...


From: GNUN
Subject: www licenses/fsf-licensing.ja.html licenses/lic...
Date: Mon, 05 Jan 2015 01:57:50 +0000

CVSROOT:        /web/www
Module name:    www
Changes by:     GNUN <gnun>     15/01/05 01:57:50

Modified files:
        licenses       : fsf-licensing.ja.html license-list.ja.html 
        licenses/po    : fsf-licensing.ja.po 
        server         : home-pkgblurbs.ja.html 
        server/po      : home-pkgblurbs.ja.po 

Log message:
        Automatic update by GNUnited Nations.

CVSWeb URLs:
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/fsf-licensing.ja.html?cvsroot=www&r1=1.3&r2=1.4
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/license-list.ja.html?cvsroot=www&r1=1.61&r2=1.62
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/licenses/po/fsf-licensing.ja.po?cvsroot=www&r1=1.3&r2=1.4
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/server/home-pkgblurbs.ja.html?cvsroot=www&r1=1.51&r2=1.52
http://web.cvs.savannah.gnu.org/viewcvs/www/server/po/home-pkgblurbs.ja.po?cvsroot=www&r1=1.76&r2=1.77

Patches:
Index: licenses/fsf-licensing.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/licenses/fsf-licensing.ja.html,v
retrieving revision 1.3
retrieving revision 1.4
diff -u -b -r1.3 -r1.4
--- licenses/fsf-licensing.ja.html      26 Dec 2014 04:56:59 -0000      1.3
+++ licenses/fsf-licensing.ja.html      5 Jan 2015 01:57:48 -0000       1.4
@@ -1,5 +1,5 @@
 <blockquote class="note" id="fsf-licensing"><p style="font-size: 
80%">このページはフリーソフトウェアファウンデーションのライセンシング&amp;コンプライアンス・ラボによって保守されています。FSFへの<a
 
href="http://donate.fsf.org";>寄付を行って</a>、わたしたちの仕事を支援してくã
 ã•ã„。ここに答えられていない質問がありますか?
 わたしたちのほかの<a
-href="http://www.fsf.org/licensing";>ライセンシングの資料</a>を確認してくã
 
さい。または、こちらのコンプライアンス・ラボのメールに<a
-href="mailto:address@hidden";>address@hidden</a>連絡くだ
さい。</p></blockquote>
\ No newline at end of file
+href="http://www.fsf.org/licensing";>ライセンシングの資料</a>を確認してくã
 
さい。または、こちらのコンプライアンス・ラボのメール<a
+href="mailto:address@hidden";>address@hidden</a>に連絡くだ
さい。</p></blockquote>
\ No newline at end of file

Index: licenses/license-list.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/licenses/license-list.ja.html,v
retrieving revision 1.61
retrieving revision 1.62
diff -u -b -r1.61 -r1.62
--- licenses/license-list.ja.html       21 Nov 2014 01:59:07 -0000      1.61
+++ licenses/license-list.ja.html       5 Jan 2015 01:57:49 -0000       1.62
@@ -57,7 +57,7 @@
      and their contents aren't commented out on purpose:
      they should be translated, preferably as separate strings.  -->
 <style type="text/css" media="print,screen">
-#legend blockquote:before { content: "Code for the left border"; }
+#legend blockquote:before { content: "左端の色分け"; }
 </style>
 <style type="text/css" media="print,screen">
 #legend dl.green dt:after {
@@ -1829,7 +1829,7 @@
 <p class="unprintable"><!-- timestamp start -->
 最終更新:
 
-$Date: 2014/11/21 01:59:07 $
+$Date: 2015/01/05 01:57:49 $
 
 <!-- timestamp end -->
 </p>

Index: licenses/po/fsf-licensing.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/licenses/po/fsf-licensing.ja.po,v
retrieving revision 1.3
retrieving revision 1.4
diff -u -b -r1.3 -r1.4
--- licenses/po/fsf-licensing.ja.po     5 Jan 2015 01:29:17 -0000       1.3
+++ licenses/po/fsf-licensing.ja.po     5 Jan 2015 01:57:49 -0000       1.4
@@ -29,5 +29,5 @@
 "org\">寄付を行って</a>、わたしたちの仕事を支援してくだ
さい。ここに答えられて"
 "いない質問がありますか? わたしたちのほかの<a 
href=\"http://www.fsf.org/";
 "licensing\">ライセンシングの資料</a>を確認してくだ
さい。または、こちらのコン"
-"プライアンス・ラボのメール<a href=\"mailto:address@hidden";
-"\">address@hidden</a>に連絡ください。"
+"プライアンス・ラボのメール<a 
href=\"mailto:address@hidden";>address@hidden"
+"org</a>に連絡ください。"

Index: server/home-pkgblurbs.ja.html
===================================================================
RCS file: /web/www/www/server/home-pkgblurbs.ja.html,v
retrieving revision 1.51
retrieving revision 1.52
diff -u -b -r1.51 -r1.52
--- server/home-pkgblurbs.ja.html       26 Dec 2014 03:27:12 -0000      1.51
+++ server/home-pkgblurbs.ja.html       5 Jan 2015 01:57:49 -0000       1.52
@@ -109,13 +109,8 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(auctex|ALL):/" -->
 <h4 id="auctex">
   <a href="/software/auctex/">AUCTeX</a></h4><p>
-AUCTeX is an integrated environment for producing TeX documents in Emacs.
-It allows many different standard TeX macros to be inserted with simple
-keystrokes or menu selection.  It offers an interface to external programs,
-enabling you to compile or view your documents from within Emacs.  AUCTeX
-also features the ability to place inline previews of complex TeX statements
-such as mathematical formulae.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#auctex">doc</a>)</small></p>
+AUCTeXはTeX文書をEmacsで作成する統合環境です。様々
な標準TeXマクロを単純なキーストロークやメニューによって挿å
…¥ã™ã‚‹ã“とができます。外部プログラム
へのインタフェースを提供し、Emacsから文書をコンパイルしたり、表示させたりできます。また、AUCTeXには数式のような複雑なTeXの文ç«
 ã‚’インラインでプレビューする機能もあります。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#auctex">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(autoconf|ALL):/" -->
@@ -328,11 +323,9 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(cflow|ALL):/" -->
 <h4 id="cflow">
   <a href="/software/cflow/">Cflow</a></h4><p>
-GNU cflow analyzes C source files and produces a graph charting the control
-flow of the program.  It can output the graph in several styles and in
-either the POSIX format or in an extended GNU format. cflow also includes a
-major mode for Emacs for examining the flowcharts that it produces.
-<small>(<a href="/manual/manual.html#cflow">doc</a>)</small></p>
+GNU
+cflowはCのソースファイルを解析し、プログラム
の制御フローを図示するチャートを生成します。POSIXフォーマットか拡張GNUフォーマットで、いくつかのスタイルのチャートを出力できます。cflowにはEmacsのメジャーモードもあり、生成されたフローチャートの詳細を確認できます。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#cflow">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(cgicc|ALL):/" -->
@@ -498,11 +491,9 @@
   <img src="/graphics/dddlogo.jpg" style="height:1em"
        alt="dddのロゴ" />
   <a href="/software/ddd/">DDD</a></h4><p>
-GNU DDD, the Data Display Debugger, is a graphical front-end for
-command-line debuggers.  Many back-end debuggers are supported, notably the
-GNU debugger, GDB.  In addition to usual debugging features such as viewing
-the source files, DDD has additional graphical, interactive features to aid
-in debugging.  <small>(<a href="/manual/manual.html#ddd">doc</a>)</small></p>
+GNU DDD (データ表示デバッガ: Data Display
+Debugger)は、コマンドラインデバッガのグラフィカルなフロントエンドです。GNUデバッガ(GDB)をはじめとして、多くのバックエンドデバッガがサポートされます。ソースファイルを見るなどの通常のデバッグの機能にåŠ
 ãˆã€DDDにはグラフィカルでインタラクティブな追加
の機能がデバッグの助けとして有ります。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#ddd">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(ddrescue|ALL):/" -->
@@ -678,12 +669,11 @@
 <a href="/software/emacs-muse/">Emacs-muse</a></h4>
 <p>
 <!-- TRANSLATORS: stale -->
-Muse is an authoring and publishing environment for GNU Emacs.  It supports
-entering text in a convenient and easy-to-learn format. Later, your
-documents may be published in a variety of different formats, such as HTML,
-LaTeX or PDF.  Muse supports projects consisting of several documents, which
-are properly merged according to the output format.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#emacs-muse">doc</a>)</small></p>
+MuseはGNU
+Emacsのオーサリングとパブリッシングの環境です。便利で習得しやすいフォーマットでテキストをå
…¥åŠ›ã™ã‚‹ã®ã‚’サポートします。後で、様々
な異なるフォーマット(HTML,
+LaTeX,
+PDF等)で文書を生成することができます。Museは複数の文書からなるプロジェクトをサポートし、文書は出力フォーマットに応じて統合されます。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#emacs-muse">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(emms|ALL):/" -->
@@ -902,12 +892,9 @@
   <img src="/software/gdb/images/archer.jpg" style="height:1em"
        alt="gdbのロゴ" />
   <a href="/software/gdb/">GDB</a></h4><p>
-GDB is the GNU debugger.  With it, you can monitor what a program is doing
-while it runs or what it was doing just before a crash.  It allows you to
-specify the runtime conditions, to define breakpoints, and to change how the
-program is running to try to fix bugs.  It can be used to debug programs
-written in C, C++, Ada, Objective-C, Pascal and more.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#gdb">doc</a>)</small></p>
+GDBはGNUデバッガです。これを使えば、実行時にプログラム
が何をしているかをモニタでき、クラッシュの前に何をしていたのかを見ることができます。実行時の条件を指定する、ブレークポイントを定義する、プログラãƒ
 
が実行するのを変更するなどができ、バグを修正するのに役立ちます。C,
+C++, Ada, Objective-C, Pascalなどで書かれたプログラム
をデバッグするのに使われます。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#gdb">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(gdbm|ALL):/" -->
@@ -1117,11 +1104,9 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(gnu-c-manual|ALL):/" -->
 <h4 id="gnu-c-manual">
   <a href="/software/gnu-c-manual/">GNU C reference manual</a></h4><p>
-This is a reference manual for the C programming language, as implemented by
-the GNU C Compiler (gcc).  As a reference, it is not intended to be a
-tutorial of the language.  Rather, it outlines all of the constructs of the
-language.  Library functions are not included.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#gnu-c-manual">doc</a>)</small></p>
+プログラミング言語Cのリファレンスマニュアルです。プログラミング言語CはGNU
+Cコンパイラ(gcc)で実装
されています。リファレンスとして、言語のチュートリアルとしては意図されていません。むしろ、言語のすべての構成物を概説します。ライブラリ関数は含まれません。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#gnu-c-manual">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(gnu-pw-mgr|ALL):/" -->
@@ -1551,12 +1536,9 @@
 <a href="/software/greg/">Greg</a></h4>
 <p>
 <!-- TRANSLATORS: stale -->
-GNU Greg is a framework for testing programs and libraries.  It provides a
-single front-end for all tests of a package as well as a simple framework
-for writing the tests.  It is loaded as a Guile module into any software
-with an embedded Guile interpreter.  It also provides a compiled module that
-may be dynamically linked into Guile to permit testing external programs.
-<small>(<a href="/manual/manual.html#greg">doc</a>)</small></p>
+GNU
+Gregはプログラムとライブラリをテストするフレーム
ワークです。パッケージのすべてのテストのための単一のフロントエンドを提供するとともに、テストを書くための単純なフレーãƒ
 
ワークも提供します。組み込みGuileインタプリタを使って、どんなソフトウェアにもGuileモジュールとしてロードされます。Guileと動的にリンクされるコンパイルされたモジュールも提供し、外部プログラãƒ
 ã®ãƒ†ã‚¹ãƒˆã«ã‚‚使えます。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#greg">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(grep|ALL):/" -->
@@ -2597,11 +2579,8 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(patch|ALL):/" -->
 <h4 id="patch">
   <a href="/software/patch/">Patch</a></h4><p>
-Patch is a program that applies changes to files based on differences laid
-out as by the program <tt>diff</tt>.  The changes may be applied to one or
-more files depending on the contents of the diff file.  It accepts several
-different diff formats.  It may also be used to revert previously applied
-differences.  <small>(<a href="/manual/manual.html#patch">doc</a>)</small></p>
+Patchはプログラム
<tt>diff</tt>によって生成された変更の差分をファイルに適用するプログラãƒ
 
です。変更はひとつ、または、複数のファイルに適用されます。いくつかのdiffフォーマットを受け付けます。å
…ˆã«é©ç”¨ã•ã‚ŒãŸå·®åˆ†ã‚’戻すのにも使えます。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#patch">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(paxutils|ALL):/" -->
@@ -2781,12 +2760,9 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(readline|ALL):/" -->
 <h4 id="readline">
   <a href="/software/readline/">Readline</a></h4><p>
-The GNU readline library allows users to edit command lines as they are
-typed in.  It can maintain a searchable history of previously entered
-commands, letting you easily recall, edit and re-enter past commands.  It
-features both Emacs-like and vi-like keybindings, making its usage
-comfortable for anyone.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#readline">doc</a>)</small></p>
+GNU
+readlineライブラリはユーザがå…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒ³ã‚’編集する機能を提供します。å…
ˆã«å…
¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ã®æ¤œç´¢å¯èƒ½ãªãƒ’ストリを保持し、便利に過去のコマンドを再編集してもう一度å
…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã“とができます。Emacsライクとviライクのキーバインディングの両方をサポートし、誰にでも快適に使えるようにしています。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#readline">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(recutils|ALL):/" -->
@@ -3428,9 +3404,9 @@
 <!--#if expr="$pkg_selection = /:(zile|ALL):/" -->
 <h4 id="zile">
   <a href="/software/zile/">Zile</a></h4><p>
-GNU Zile is a lightweight Emacs clone.  It usage is similar to the default
-Emacs configuration, but it carries a much lighter feature set.  <small>(<a
-href="/manual/manual.html#zile">doc</a>)</small></p>
+GNU
+ZileはEmacsの軽量クローンです。デフォルトのEmacsのコンフィギュレーションと同様の使い方ができますが機能はã
 ã„ぶ軽いものです。<small>(<a
+href="/manual/manual.html#zile">ドキュメント</a>)</small></p>
 
 <!--#endif -->
 <!-- End file generated by womb/gnumaint/gm Tue Dec 16 16:12:05 PST 2014 -->

Index: server/po/home-pkgblurbs.ja.po
===================================================================
RCS file: /web/www/www/server/po/home-pkgblurbs.ja.po,v
retrieving revision 1.76
retrieving revision 1.77
diff -u -b -r1.76 -r1.77
--- server/po/home-pkgblurbs.ja.po      5 Jan 2015 01:29:16 -0000       1.76
+++ server/po/home-pkgblurbs.ja.po      5 Jan 2015 01:57:50 -0000       1.77
@@ -14,6 +14,7 @@
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+"X-Outdated-Since: 2014-12-17 00:26+0000\n"
 
 #. type: Attribute 'alt' of: <h4><img>
 msgid "logo for 3dldf"
@@ -179,11 +180,12 @@
 "such as mathematical formulae.  <small>(<a href=\"/manual/manual.html#auctex"
 "\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"AUCTeXはTeX文書をEmacsで作成する統合環境です。様々
な標準TeXマクロを単純なキーストロークや"
-"メニューによって挿å…
¥ã™ã‚‹ã“とができます。外部プログラム
へのインタフェースを提供し、"
-"Emacsから文書をコンパイルしたり、表示させたりできます。また、AUCTeXには数式のような"
-"複雑なTeXの文章
をインラインでプレビューする機能もあります。<small>(<a "
-"href=\"/manual/manual.html#auctex\">ドキュメント</a>)</small>"
+"AUCTeXはTeX文書をEmacsで作成する統合環境です。様々
な標準TeXマクロを単純なキー"
+"ストロークやメニューによって挿å…
¥ã™ã‚‹ã“とができます。外部プログラムへのインタ"
+"フェースを提供し、Emacsから文書をコンパイルしたり、表示させたりできます。ま"
+"た、AUCTeXには数式のような複雑なTeXの文章
をインラインでプレビューする機能もあ"
+"ります。<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#auctex\">ドキュメント</a>)</"
+"small>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "<a href=\"/software/autoconf/\">Autoconf</a>"
@@ -583,10 +585,11 @@
 "major mode for Emacs for examining the flowcharts that it produces.  <small>"
 "(<a href=\"/manual/manual.html#cflow\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GNU cflowはCのソースファイルを解析し、プログラム
の制御フローを図示するチャートを生成します。"
-"POSIXフォーマットか拡張GNUフォーマットで、いくつかのスタイルのチャートを出力できます。"
-"cflowにはEmacsのメジャーモードもあり、生成されたフローチャートの詳細を確認できます。<small>"
-"(<a href=\"/manual/manual.html#cflow\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GNU cflowはCのソースファイルを解析し、プログラム
の制御フローを図示するチャー"
+"トを生成します。POSIXフォーマットか拡張GNUフォーマットで、いくつかのスタイル"
+"のチャートを出力できます。cflowにはEmacsのメジャーモードもあり、生成されたフ"
+"ローチャートの詳細を確認できます。<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#cflow"
+"\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Attribute 'alt' of: <h4><img>
 msgid "logo for cgicc"
@@ -839,11 +842,12 @@
 "source files, DDD has additional graphical, interactive features to aid in "
 "debugging.  <small>(<a href=\"/manual/manual.html#ddd\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GNU DDD (データ表示デバッガ: Data Display 
Debugger)は、コマンドラインデバッガの"
-"グラフィカルなフロントエンドです。GNUデバッガ(GDB)をはじめとして、多くのバックエンドデバッガ"
-"がサポートされます。ソースファイルを見るなどの通常のデバッグの機能にåŠ
 ãˆã€"
-"DDDにはグラフィカルでインタラクティブな追加
の機能がデバッグの助けとして有ります。"
-"<small>(<a href=\"/manual/manual.html#ddd\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GNU DDD (データ表示デバッガ: Data Display 
Debugger)は、コマンドラインデバッガ"
+"のグラフィカルなフロントエンドです。GNUデバッガ(GDB)をはじめとして、多くの"
+"バックエンドデバッガがサポートされます。ソースファイルを見るなどの通常のデ"
+"バッグの機能に加
え、DDDにはグラフィカルでインタラクティブな追加
の機能がデバッ"
+"グの助けとして有ります。<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#ddd\">ドキュメ"
+"ント</a>)</small>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "<a href=\"/software/ddrescue/\">ddrescue</a>"
@@ -1142,11 +1146,11 @@
 "are properly merged according to the output format.  <small>(<a href=\"/"
 "manual/manual.html#emacs-muse\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"MuseはGNU 
Emacsのオーサリングとパブリッシングの環境です。便利で習得しやすいフォーマットで"
-"テキストを入力するのをサポートします。後で、様々
な異なるフォーマット(HTML, LaTeX, PDF等)で"
-"文書を生成することができます。Museは複数の文書からなるプロジェクトをサポートし、"
-"文書は出力フォーマットに応じて統合されます。<small>(<a 
href=\"/"
-"manual/manual.html#emacs-muse\">ドキュメント</a>)</small>"
+"MuseはGNU 
Emacsのオーサリングとパブリッシングの環境です。便利で習得しやすい"
+"フォーマットでテキストをå…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã®ã‚’サポートします。後で、様々な異なるフォー"
+"マット(HTML, LaTeX, 
PDF等)で文書を生成することができます。Museは複数の文書か"
+"らなるプロジェクトをサポートし、文書は出力フォーマットに応じて統合されます。"
+"<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#emacs-muse\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Attribute 'alt' of: <h4><img>
 msgid "logo for emms"
@@ -1487,12 +1491,12 @@
 "written in C, C++, Ada, Objective-C, Pascal and more.  <small>(<a href=\"/"
 "manual/manual.html#gdb\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GDBはGNUデバッガです。これを使えば、実行時にプログラム
が何をしているかをモニタでき、"
-"クラッシュの前に何をしていたのかを見ることができます。実行時の条件を指定する、"
-"ブレークポイントを定義する、プログラム
が実行するのを変更するなどができ、"
-"バグを修正するのに役立ちます。C, C++, Ada, Objective-C, 
Pascalなどで"
-"書かれたプログラム
をデバッグするのに使われます。<small>(<a href=\"/"
-"manual/manual.html#gdb\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GDBはGNUデバッガです。これを使えば、実行時にプログラム
が何をしているかをモニ"
+"タでき、クラッシュの前に何をしていたのかを見ることができます。実行時の条件を"
+"指定する、ブレークポイントを定義する、プログラム
が実行するのを変更するなどが"
+"でき、バグを修正するのに役立ちます。C, C++, Ada, 
Objective-C, Pascalなどで書"
+"かれたプログラム
をデバッグするのに使われます。<small>(<a href=\"/manual/"
+"manual.html#gdb\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "<a href=\"/software/gdbm/\">Gdbm</a>"
@@ -1827,11 +1831,11 @@
 "language.  Library functions are not included.  <small>(<a href=\"/manual/"
 "manual.html#gnu-c-manual\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"プログラミング言語Cのリファレンスマニュアルです。"
-"プログラミング言語CはGNU Cコンパイラ(gcc)で実装
されています。"
-"リファレンスとして、言語のチュートリアルとしては意図されていません。"
-"むしろ、言語のすべての構成物を概説します。ライブラリ関数は含まれません。"
-"<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#gnu-c-manual\">ドキュメント</a>)</small>"
+"プログラミング言語Cのリファレンスマニュアルです。プログラミング言語CはGNU
 Cコ"
+"ンパイラ(gcc)で実装
されています。リファレンスとして、言語のチュートリアルとし"
+"ては意図されていません。むしろ、言語のすべての構成物を概説します。ライブラリ"
+"関数は含まれません。<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#gnu-c-manual\">ド"
+"キュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "<a href=\"/software/gnu-pw-mgr/\">GNU-pw-mgr</a>"
@@ -2425,12 +2429,12 @@
 "may be dynamically linked into Guile to permit testing external programs.  "
 "<small>(<a href=\"/manual/manual.html#greg\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GNU Gregはプログラムとライブラリをテストするフレーム
ワークです。パッケージのすべてのテストの"
-"ための単一のフロントエンドを提供するとともに、テストを書くための単純なフレーãƒ
 ãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚‚提供"
-"します。組み込みGuileインタプリタを使って、"
-"どんなソフトウェアにもGuileモジュールとしてロードされます。"
-"Guileと動的にリンクされるコンパイルされたモジュールも提供し、外部プログラãƒ
 ã®ãƒ†ã‚¹ãƒˆã«ã‚‚"
-"使えます。<small>(<a 
href=\"/manual/manual.html#greg\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GNU Gregはプログラムとライブラリをテストするフレーム
ワークです。パッケージの"
+"すべてのテストのための単一のフロントエンドを提供するとともに、テストを書くた"
+"めの単純なフレーム
ワークも提供します。組み込みGuileインタプリタを使って、どん"
+"なソフトウェアにもGuileモジュールとしてロードされます。Guileと動的にリンクさ"
+"れるコンパイルされたモジュールも提供し、外部プログラãƒ
 ã®ãƒ†ã‚¹ãƒˆã«ã‚‚使えます。"
+"<small>(<a href=\"/manual/manual.html#greg\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Content of: <h4>
 msgid "<a href=\"/software/grep/\">Grep</a>"
@@ -4071,9 +4075,9 @@
 "different diff formats.  It may also be used to revert previously applied "
 "differences.  <small>(<a href=\"/manual/manual.html#patch\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"Patchはプログラム
<tt>diff</tt>によって生成された変更の差分をファイルに適用する"
-"プログラム
です。変更はひとつ、または、複数のファイルに適用されます。いくつかのdiff"
-"フォーマットを受け付けます。å…
ˆã«é©ç”¨ã•ã‚ŒãŸå·®åˆ†ã‚’戻すのにも使えます。"
+"Patchはプログラム
<tt>diff</tt>によって生成された変更の差分をファイルに適用す"
+"るプログラム
です。変更はひとつ、または、複数のファイルに適用されます。いくつ"
+"かのdiffフォーマットを受け付けます。å…
ˆã«é©ç”¨ã•ã‚ŒãŸå·®åˆ†ã‚’戻すのにも使えます。"
 "<small>(<a href=\"/manual/manual.html#patch\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #.  TRANSLATORS: stale 
@@ -4325,11 +4329,11 @@
 "comfortable for anyone.  <small>(<a href=\"/manual/manual.html#readline"
 "\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GNU readlineライブラリはユーザがå…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒ³ã‚’編集する機能を提供します。"
-"先にå…
¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ã®æ¤œç´¢å¯èƒ½ãªãƒ’ストリを保持し、便利に過去のコマンドを再編集して"
-"もう一度å…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã“とができます。Emacsライクとviライクのキーバインディングの両方を"
-"サポートし、誰にでも快適に使えるようにしています。<small>(<a
 href=\"/manual/manual.html#readline"
-"\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GNU readlineライブラリはユーザがå…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒ³ã‚’編集する機能を提供し"
+"ます。先にå…
¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ã®æ¤œç´¢å¯èƒ½ãªãƒ’ストリを保持し、便利に過去のコマン"
+"ドを再編集してもう一度å…
¥åŠ›ã™ã‚‹ã“とができます。Emacsライクとviライクのキーバイ"
+"ンディングの両方をサポートし、誰にでも快適に使えるようにしています。<small>"
+"(<a href=\"/manual/manual.html#readline\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #. type: Attribute 'alt' of: <h4><img>
 msgid "logo for recutils"
@@ -5282,9 +5286,9 @@
 "Emacs configuration, but it carries a much lighter feature set.  <small>(<a "
 "href=\"/manual/manual.html#zile\">doc</a>)</small>"
 msgstr ""
-"GNU 
ZileはEmacsの軽量クローンです。デフォルトのEmacsのコンフィギュレーションと同様の"
-"使い方ができますが機能はだいぶ軽いものです。<small>(<a "
-"href=\"/manual/manual.html#zile\">ドキュメント</a>)</small>"
+"GNU 
ZileはEmacsの軽量クローンです。デフォルトのEmacsのコンフィギュレーション"
+"と同様の使い方ができますが機能はだ
いぶ軽いものです。<small>(<a href=\"/"
+"manual/manual.html#zile\">ドキュメント</a>)</small>"
 
 #~ msgid "logo for gnupg"
 #~ msgstr "gnupgのロゴ"



reply via email to

[Prev in Thread] Current Thread [Next in Thread]